MLAって知ってますか?


multi-level-marketing


小山です(^^)♪

「MLA」って知ってますか?

これからの時代に流行るビジネスは、
かくじつに「MLA」になります。

「MLA」とは何の略かというと
「マルチレベルアフィリエイト」です。

これは普通のアフィリエイトとも違いますし、
ネットワークビジネスとも違います。

しっかりわかっている人はまだ少ないです。
だからこそこの分野には

「チャンス」があります。

具体的にどう違うのかというと、、、






まず、これまでの
「ネットワークビジネス」というのは
こうゆう感じでした。

*在庫の山ができる
*借金ができる
*リアルで口コミしなければいけない
*アポを取らなければいけない
*アップラインと言われる先輩がいる
*セミナーはほぼ強制参加

もしかすると、あなたも、
心当たりがあるかもしれません。



これまでの「アフィリエイト」というのは
こうゆう感じでした。

*商品紹介してもたった1度きりの単発報酬でおしまい
*得られる報酬がとても少ない
*ネットやパソコンを極めている必要がある
*一人ぼっちでけっこう寂しい

こんな経験ないでしょうか?



でも、この「MLA(マルチレベルアフィリエイト)」と
言われるものは、そのどちらとも違います。

まず、メリットをあげてみると、

*在庫をかかえない
*借金もできない
*ネットにそんなに詳しくなくても大丈夫
*ずーっと長期的な継続アフィリエイト報酬が入る
*リアルの営業やアポ取りをしなくて良い
*アップラインと言われる先輩たちはいない
*みんなでワイワイ交流していて楽しい
*セミナーも自由参加

という、とても自由な感じです。


ネットワークビジネスと、
アフィリエイトの良いところを
うまくミックスさせた感じでしょうか。

それが、「MLA」と言えます。

この分野に参入している人は、
じつは、まだまだ少ないです。

なので、ここには「チャンス」があります!



少ない理由としては、まだ新しい市場であることと、

「MLA(マルチレベルアフィリエイト)」

という、ネーミングなので、
それってねずみ講じゃない?

という、よくある偏見があるためだと思います。

ですので、ちょっと良い感じに言い方を
ちょっと変えるとしたら、、、


『たった一度、紹介しただけなのに、
 ずーっと一生涯にわたって、

 お金がちゃりんちゃりんって
 入ってきてしまう

 え?ウソでしょ!?
 こんなにもらっていいの!?

 と驚いてしまった
 継続収入型アフィリエイト』


みたいな感じでしょうか(笑)


またまたー、小山さん、
そんな良いことばかり言ってー。
わたしは信じませんよー。

と思っているあなた。

ちゃんとデメリットもありますので
それも話しておきますね。


もし、この「MLA」に、
デメリットがあるとするならば、

「基本的にネットだけで完結できるので
 人とのコミュニケーションが少なくなる。」

という点かと思います。

ただ、これは、言いかえれば、
意味もなくいろんな人たちに会う必要性が

なくなったので、とても「効率的」と言えます。

なので、自分が「MLA」をする場合は、
ちゃんとリアルでの交流も大事にしつつ、

ネットのレバレッジもフル活用していく
やり方をしていっています。



でも、小山さん。ぶっちゃけ。
わたし、ネット苦手なんです。。。

という方は、無理して
ネットを使わなくても、大丈夫です。

その場合は、リアルでたくさんの
人に会っていけばイイだけです。

「MLA」であったとしても、
「MLM」のようなリアル中心の営業スタイルで
やるのもアリだとは思います。

ただ、スマホが普及しているいまの時代は、
ネットをしっかり使いこなした人が

「MLA」で、最小限の労力で大きな結果を
出していくのは間違いないです。




PS:
「MLA」で稼ぐための秘訣も盛り込まれている
「副業の新聞」をあなたも購読してみませんか?

以下、ネット副業ウェビナーを視聴後に
副業の新聞をすぐに購読することができます
⇒  117mag.com/u/fukugyouu.htm





小山大輔



小山大輔から読者の方へ無料プレゼント!
誰でも簡単に3万円以上稼げる「スマホ副業大百科(30000円相当)」を、
「ネット副業ウェビナー視聴特典」として無料プレゼントします。
今すぐ以下をクリックしてウェビナー予約をして下さい。

sfd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>