沖縄に住もうかと思います


ec5b831d 
小山大輔です。
 
沖縄に行ったことってありますか?
 
ちょっとなんか沖縄に住んでみたくなったので、
沖縄に住もうかなーと思います。
 
東京に来て、気づけば1年半がたちました。

ビルがいっぱい立っているところにも、
そろそろ飽きてきたので、海の見える沖縄に
引っ越すことにしました。

でも、1つだけ、どうしても
気にかかることがあるんです。

それが、、、


まだ沖縄に行ったことがないんです。。。笑

はい、気がかなり早いです(笑)

でも決めました。

沖縄に住みたいなーっていうのは、
むかしちょっと思ったことがありました。

その夢が1つ叶います。

来週一度、沖縄に行きます。
どうやらクソ暑いみたいです。

行ってみて、よかったら住みます^^

ただ沖縄っていっても、いろんな場所がありますよね。。

どこか良いところってご存知ですか?
もし知ってたら、ぜひ教えてください^^



今回こうして思うのは、ネットを使った
ビジネスやっててよかったなーっていうことです。

むかしは、ネットのビジネスって
あやしいーって、よく言われたものですが

さいきんでは、雑誌などでも取りあげられることも多くなり
少しずつではありますが、理解されつつあるのかな。

とも思います。

いまの時代は、パソコン1台あれば、
どこでも「自由」に仕事ができます。

このスタイルを確立できると、

会社に縛られることもないので、
朝何時におきてもイイですし、
満員電車の通勤もなく最高です。

好きな人と一緒に、旅行に行きたいなー、
と思えば、土日祝とか一切関係なく、

すぐに行けます。

「自由」が好きな人は、ネットで稼ぐスキルを
とくに身につけていくべきですね。

ほんと、心からそう思います^^


これからの日本は、どんどん所得格差が開いていく
時代に突入していきます。

会社につとめてサラリーマンしてても
給料ってほとんどあがりません。

あなたの会社もそんなことないですか?

もし独身男性なのであれば、
結婚したら、もう最後。

「お小遣い制度」になってしまって、
毎月、自由に使えるお金は
「3万円」くらいになります((((;゚Д゚))))

1日たったの1000円!?

けっこうヤバイですよね。


でも、ネットを正しく使いこなせるようになると
毎月の収入を自由に増やしていくことができます。

ここがやっぱり1番の魅力だとおもいます。

「3万円」「5万円」「10万円」と、

収入アップさせていくことって、
そう難しいことじゃないんですねー。

ちゃんとした「やり方」があります。

その「やり方」が興味あるなら、
これから勉強していくと良いと思います。


むかし、テレビゲームってよくやったじゃないですか?

例えば、ポケモンとか、ドラクエとか。

で、「攻略本」ってあったじゃないですか?

じぶんは、その攻略本は絶対に「読まない派」だったんですけど、
中には「読む派」もいたんですよね。

読んでなにが面白いのやら、
まったく理解できない(´・ω・`)

で、やっぱり読む派のほうが、クリアするまでの
スピードって早かったんですよ。

まー、当たり前ですよね^^;


でも、これと同じで、ネットを使ったビジネスにも、
「攻略本」というのが存在します。

これを、こうやって、こうすることで、稼げる。

みたいな。

そうゆうのって、あることはあるんです。

なので「無知」がいちばん良くないです。
「あやしー」って決めつけちゃうのも良くないですね。

じぶんから見ていると、すごいもったいない人たちって
多いなーっておもいます 。


じぶんは何歳になっても、
じぶんの知らないことを学ぶ姿勢は
つねに持ちつづけていこうと思っています。

だって、そうゆうほうが、なんか
カッコいいじゃないですか。

そう思いません?


日々成長あるのみですね。

人は、老いたときに死ぬのでなく
成長をヤメたときに死ぬのだと思います。


(なんか、カッコいいこと言うたぞ 笑)




小山大輔(こやまだいすけ)



小山大輔から読者の方へ無料プレゼント!
誰でも簡単に3万円以上稼げる「スマホ副業大百科(30000円相当)」を、
「ネット副業ウェビナー視聴特典」として無料プレゼントします。
今すぐ以下をクリックしてウェビナー予約をして下さい。

sfd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>