健康・筋トレ」カテゴリーアーカイブ

胃がんに99%ならずに済む方法



こんにちは、小山大輔です。

じぶんは、こうみえて「健康マニア」です。
今日は胃がんにならずに済む方法を教えます。

これさえ、知ってしまえば、あなたも
今後一生「胃がん」になりません、、、



がんで死ぬ人の人数は、
何人いるか知っていますか?

年間36万人もいます。

そして、死亡数が多いのは、

男性
1位 肺がん
2位 胃がん
3位 大腸がん

女性
1位 乳がん
2位 大腸がん
3位 胃がん

です。

この胃がんで亡くなっている人数は、
なんと年間48500人。(2016年データ)

男女において、胃がんで亡くなる割合は、
非常に高いわけです。


じつは、この胃がんというのは、数あるがんの中でも
もっとも簡単に、未然に防ぐことができます。


この胃がんにならない方法。

それが、、、




『ピロリ菌を除去すること』です。




ピロリ菌とは、胃の粘膜に住みつく細菌です。

このピロリ菌こそが、
胃がんになる最大の原因になります。

ですので、人間ドックや、胃の検査で、
ピロリ菌がいるかどうかを調べて、
いなかったら、あなたは胃がんにはなりません。

もしいた場合は、胃がんになる可能性が大いにあります。
いたら必ず除去してください。飲み薬で除去できます。

ピロリ菌を胃の中から消すことで、
胃がんにはならなくなります。

毎年胃がんで48500人も死んでしまっているので
胃がんで無駄死にしたくない人は、ピロリ菌チェックは
必ずしておくことをオススメします。

ちなみに、小山は、胃の検査をしたところ、
ピロリ菌はいませんでした☆




PS:
KOSに参加された方も、されていない方も
副業の新聞は、「1年間」購読されてください。
毎日見るだけ聞くだけで、お金持ちになれます。

まずはネット副業ウェビナーをご視聴ください。
その後、副業の新聞に登録できます。
⇒ http://117mag.com/u/fukugyouu.htm

それは朝、突然やってきました

lake-irene-1679708_640



小山です

それは突然やってきました。


朝おきて、トイレに向かったら、
まっすぐに歩けない。

左に倒れそうになります。

トイレで用をたしていても、
船酔いのようにフラフラします。

右手もちょっと痺れがある感じ。
冷や汗も出てきました。



「いったい何が起こったか!!?」



とにかく強烈にフラフラするので、
この状態がつづくと、吐き気がしそうな
予感がしました。

顔色が真っ青になっていないか、、、
と洗面所の鏡をみると、

こんがり日焼けした男1名。

顔色はいつもどおりです。。。(^^;)


ソファーに座ってみたものの、
フラフラは続いており、いっこうに
良くなる気配がありません。



「もしかして、脳梗塞、、、」



一瞬、頭によぎりました。

気分がよくないので、水を飲んで
2時間ほど眠りにつきました。

目を覚ますと、さきほどより体調は
いいほうです。

病院に電話すると、すでに受付時間は
すぎていました。

なので、その日は、1日安静にし、
翌日、朝一で病院へ向かいました。


病院で「血液検査」をしたり、
首や胸の「レントゲン」をとったり、
脳の「MRI検査」を受けました。

朝10時から、夜5時ぐらいまで
まる一日かかった検査の結果、、、

ある事実が発覚しました。

それが、、、





『パソコン病』です。





パソコン病(PC病、デスクワーク症候群)とは、

パソコン作業による『筋肉、目、神経・精神』への負担から来る、
新しい現代病です。

放っておくと、

偏頭痛、手のしびれ、五十肩、うつ、慢性疲労症候群などの
不調を引き起こします。


まず、そもそも怖いのが、
「自覚症状がないこと」です。

そのため、自分がデスクワークで肩こりであることに
気づいている人が非常に少ないです。

自分もまさにそうでした。

そして、ある日、その肩こりから
「めまい」や「頭痛」や「耳鳴り」や「体のだるさ」という
コンボが起こりはじめます。

あと、痩せ型の女性に多いのは、首の筋肉が少ないため
首の骨が前に曲がってしまう症状があります。

こうなると、慢性的に、頭痛が起こったり、
体のだるさが年中続くということが起こりえます。

もし、いま現在、原因不明の
「めまい」や「頭痛」や「耳鳴り」や「体のだるさ」
があるのであれば、一度病院に行ってみることを
オススメします。

デスクワークから来ている
病気である可能性がありえますよ。




では、今もこれからも、デスクワークの人は
どうすればいいのか、というと、、、


【1】
まず朝に「ストレッチ」をしてください。
ラジオ体操でもなんでもいいです。
体全体をほぐすことから1日をスタートさせます。


【2】
1日2リットルの「水」を意識して飲むようにしてください。
ほとんどの人は脱水症状ぎみですし、水を飲むことで血流が良くなります。


【3】
仕事中は「1時間に1回は休憩」を取るようにしてください。
イスに座りっぱなしではなく、立ちあがって休憩します。


【4】
パソコンの画面は、「ブルーライトカット」をして下さい。
じつは、パソコンが放っている光は目に良くないです。
ブルーライトカットをすることで目を守ることができます。

MacのRetinaモデルであれば、
「システム環境設定」からできます。

Windowsであれば、ブルーライトカットの
「シール」をAmazonで買って画面に貼りましょう。

じつはiPhoneにも「ブルーライトカットモード」と
いうのが標準装備でそなわっています。


【5】
これまでの肩こりを解消させるために、
「マッサージ」などに行くのも効果的です。



以上になります。


パソコンから来る現代病にかかる確率は、
デスクワークの人はかなり高いと言えますので
ぜひとも気をつけてください。

「めまい」や「頭痛」や「耳鳴り」や「体のだるさ」を
感じている方は、一度病院に行ってみてください。

体調の異変を感じたら、できるだけ
早く病院に行ったほうがいいです。

もしかすると、その原因は、
パソコン病かもしれませんよ。

大丈夫だろうと、先延ばしにしていても、
良くなるわけではないからね。

ビジネスで稼ぐためにもっとも「基本」となることは
やはり「健康」であることだな、とあらためて思いました。

まずは健康であり続けましょ!(^^)




小山大輔

バターコーヒーダイエット始めました!

img_9988
小山です(^^)♪

バターコーヒーダイエットを
久しぶりに、はじめました。

これ、めちゃめちゃイイです!

最近デブってきたな〜〜と
思っている、そこのあなた。

よかったら、小山と一緒に
バターコーヒーダイエットを始めませんか?

いったいどんなダイエット法
なのかというと、、、

続きを読む

ジュースダイエットがおすすめな3つの理由

admin-ajax
小山大輔です(^^)♪

自己管理のできないデブに、
成功者はいない、、、

のはご存知ですか?

最近、デブってきてるなら、
いまが1番痩せているタイミングです。

マジで一緒に痩せましょう^^

ただダイエットするにも、
いろいろな種類があって悩みますよね。

小山的には、「ジュースダイエット」が
おすすめな3つの理由を教えます、、、

続きを読む

デブは死ね

IMG_9520
元超デブだった小山大輔です。

「デブは死んだらいい。」

とすら言われたこともあるくらい
太っていた時期がありました。

この1年半、生活リズムが変になって
運動をまったくしていませんでした。

このままでは、昔に逆戻りするぞ、、
と恐怖を覚えたので、

新しく「トランポリンダイエット」
を始めることにしました。

これはマジで凄いことになりそうです!

成功者はなぜトランポリンをやってるのか?
その意味がやっとわかりました、、、


続きを読む

人間ドック2日目は恐怖の胃カメラ

夢リッチの小山大輔です。


人間ドック2日目です。

本日最大の恐怖は、
「胃カメラ」です。

胃がんや、ピロリ菌を見つけるために
必要な検査になります。

この検査、カメラを飲むということは
知っているものの、やったことはありません。

そのためかなりドキドキしました。

まず、自分よりも先に
胃カメラが終わった人たちが
数名いたのですが、

その誰もが横たわったまま
辛そうな表情を浮かべて
グッタリしていたからです。

それを見ているため、
恐怖が格段に増してきます。


まずは「胃カメラ同意書」を読んで
それにサインをします。

そこに書いている内容では
超ごくごく稀に、胃カメラで
亡くなった人がいるようでした。

また胃カメラで、喉から胃にかけて
傷がついてしまうことがあるようです。

怖いことが書いているので
少し恐怖を感じたものの、
ドキドキしながらサインをすることに。


そして、いよいよ自分の番がきました。

まず喉の奥に麻酔をするために
イスに座り、上をむいて口を開けた状態で
冷たい氷になった薬を喉の奥に入れました。

喉の奥で、その氷を溶かしていきます。

1分ぐらいすると氷が全部溶けて
喉の奥が少し痺れてきました。


次に、胃の動きを弱らせるために
左うでに注射をしました。

ひさしぶりの注射に
またドキドキします。

ちなみに注射針を刺している瞬間は
痛さが増すので見ない派です。


そして車輪の着いた担架に乗って
胃カメラ室に入りました。

いよいよこれから胃カメラが
スタートするわけですが、

1つ先生に伝え忘れていることを
ここでふと思います。

それは「咳が出ること」です。

今はできるだけ咳をしないように
ガマンしている状態なのですが、
胃カメラ中にゴホゴホと咳が
出てしまったらどうなるのだろうか・・・

とすごい不安になってきました。

先生が

「何も問題なければ
 5分ぐらいで終わりますから」

と言ってくれたので
5分だけ乗り切る覚悟を決めました。


そして、口が半開きになる装置を
加えた状態で、胃カメラがスタート。

喉の奥に、スーッとカメラが
入ってくるのを感じます。

眉間にシワが寄って、一気に
喉の奥が苦しくなりました。

でも、ガマンするしかありません。
何も問題なければ、5分で終わります。


内視鏡検査のときと同じように、
横たわっている目の前には、体内にある
カメラ映像が映しだされているのですが

苦しすぎて、気持ちが悪くて
一度も目視することができませんでした。

まだ終らない?

まだ終らない?

喉の苦しさと、咳が出そうになる恐怖で
涙が出てきました。。

口をあけっぱなしで横たわっているので、
ヨダレも出っぱなしです。。

「キレイですねー。何も問題ないです。」

と言われて、ホッとしたところで
胃カメラが終了。

咳が出なくてよかったー。
精神的にすごいグッタリです。

人間ドック2日目、最大の難関を
無事に乗り越えたのでした。


はい、こうして、2日間にわたる
宿泊人間ドック(95000円)を終えたわけですが、
検査の結果、まったく問題ないことがわかりました!

33歳の今の段階では、ありえないほど
超健康であることは間違いないようです。

自覚症状が出てから病院に行くのではなく
自覚症状のない大きな病気もあるわけなので

やはり、30歳を過ぎたら、定期的に
1年に1回は人間ドックに行っておくことを
オススメします。

そのほうが、確実に健康であることを
確信できますし、健康であり続けていれば
いまがどんな状況であったとしても
これから未来をいくらでも自分の好きなように
変えていくことができますからね。

やはり、まずは何を差し置いても
健康であることが1番大事だと思います。

ちなみに自己投資というのは、
ビジネス教材を買うことばかりではありません。

自分の健康状態をMAXにするために、
お金や時間を使うことも自己投資になります。

生まれて初めて人間ドックに行きました!1日目

夢リッチの小山大輔です。


先日、生まれて初めて
人間ドックに行きました!

1泊2日の宿泊人間ドックです。

人間ドックは昔から行ってみたいな
と思っていたのですが、

昔は貧乏でお金が無かったので、
行くことができませんでした。

その後、行きたいと思いつつも、
ずーと先延ばしになっていたので
今回ついに行ってみることにしたのです!

大分県の鶴見病院というところへ
予約してから2ヶ月ほど待って、
やっと行くことができました。


人間ドック当日。

「視力検査」に「体力テスト」、
と小学校時代に身体測定をした
あのころの気分を思い出しながら、
問題なくこなしていきました。

そしてついに「内視鏡検査」が
やってきました!

おしりの穴から、カメラを突っ込んで
腸の状態をチェックする検査です。

自分は、基本的に「ドS」なので、
おしりに何かを突っ込まれるとかは
想像しただけでも、恐ろしいです。

それでも、検査は検査、
やるしかありません。


まずは、ベットに横たわって
おしり丸出しの状態となり、
女性の看護師さんに
浣腸をしてもらいました。。

「腸を掃除する必要があるので、
 お腹が痛くなるかもしれませんが
 5分ガマンして下さい。」

と言われます。

自分の部屋に帰るやいなや、
まだ10秒です。

超うんこがしたくなりました。
これまでで一番うんこがしたいです。

でも、5分ガマンしないといけません。

一瞬、気を抜くと、うんこが
こんにちわ!とあいさつしてきそうな状態です。

便器の前で、一人ズボンを抜いて
5分間がんばってガマンすることに。

あまりの苦しさに、その場を歩きまわりながら、
悶絶の表情を浮かべました。

そして、もう無理。限界!!

どーーーーーーーーん!!っと

わずか1分30秒しかガマンできずに、
便器にうんこを出してしまったのです。

一人トイレに座り込みながら
明日のジョーのようにグッタリとうなだれ
すごい敗北感に包まれました。


私はこれまで数々の挑戦に挑んできました。

高所恐怖症という状態で
世界最大233mからのバンジージャンプ。

10時間かけて富士登山を達成し
頂上で誕生日を迎えてのご来光。

100kmウォーキングに挑戦し
36時間かけて完歩。

などなど・・・

でもハッキリいいます。

浣腸はそのどれよりも、
過酷でした。

浣腸されて5分もガマンできません!!

しかも、うんこをしながら、
気分がすごく悪くなってきました。

風邪を引いて体調を崩した感じになり、
全身から冷や汗が出てきたのです。

そして、そのまま部屋のベッドに
横になってダウンしてしまいました。

まだお昼前だというのに、この有様。
あとが思いやられます・・

その後ベッドで30分ほど、休んだことで、
なんかとか体調を復活させることができました。

そして、ついに内視鏡検査スタート。

「キレイな腸ですねー。」

と女性看護師さんにホメられながら、
複雑な気持ちになりつつ、ぐいぐいと
おしりの穴からカメラを突っ込まれる
あの感覚は、、、

まさに地獄でした。

腸のあたりからグイグイと異物が
入ってくるのがわかります。

横たわっている目の前に
腸の内部が映しだされた映像があるのですが、
気持ちが悪くて一瞬たりとも
見ることができませんでした。

そして、内視鏡検査終了。

この検査、もう二度と
やりたくないと思いました。


そして、その後も1つずつ仕事をするかのように
夕方まで、いろんな検査を受けまくりました。

なかでも「脳ドック」はすごい過酷でした。
なぜなら「咳」が出そうだったからです。

じつは人間ドックを受ける数日前から
風邪を引いてしまい、ゴホゴホと
咳が止まらなくなっていたのです。

この脳ドックというのは、台の上に横たわって
でっかい機械の内部に入り、全身をCTスキャンします。

このCTスキャンしている間は、
キレイな輪切り写真を撮りたいので
体を動かさないでほしいと言われました。

いまの私は「1分」に1回ぐらいゴホゴホと
咳がでる状態です。

CTスキャンしている「20分間」は
動くなという司令を出されたのです。

普通に考えれば、無理です。

でも、やるしかありません。

呼吸を整え、咳がでないことを祈りつつ、
CTスキャンの中に入っていきました。

閉所恐怖症の人は、まず無理であろう
狭い空間に一人でポツンといると

「ガシャン!ガシャン!ガシャン!ガシャン!」

と今まで聞いたことがないような
音がずーと鳴り響いていました。

多分、輪切り写真を撮っている音なんでしょうね。
こんなにうるさいとは思いませんでした。

そして、咳がでないように
そして、変な妄想をして
変なところの輪切り写真が取られないようにしながら
なんとか、無事にミッションクリア。

これでも、まだ人間ドックは1日目です。

夜は、美味しい食事を頂きながら、
一人ゆっくりと病院のベットで寝たのでした。


よく大病をして命の危険になるパターンの多くは
健康管理が疎かになっているケースが多いです。

普段、仕事や生活が忙しくなりすぎて
健康管理ができておらず、定期検査もしておらず、
その結果、あるとき体調を崩してしまいます。

病院にいくと、、、ざんねんながら大きな病気です。
という宣告を受けるという流れがほとんどです。

ですので、私の今の考えとしては
30歳を過ぎたら年1回は、人間ドックに行って
健康状態をチェックしておくことをオススメします。

パソコンのデータはバックアップを取っておけば
壊れても新しいパソコンを買うことですぐに復活できますが
私たちの体というのはそうはいきませんからね。

いつまでも若々しく健康にありたいものです。


写真 2014-11-26 10 51 13
写真 2014-11-26 10 51 20
写真 2014-11-26 12 12 54
写真 2014-11-26 17 43 08

稼げない理由はあるモノが不足しているから

夢リッチの小山大輔です。


ビジネスでなかなか結果が出ずに

やる気が無くなった経験ってありませんか?


ありますよね。私も昔よくありました。


でもそれはもしかすると「あるもの」が

足りていないだけかもしれません。


それは・・・
続きを読む

成功するために1つやって欲しい事

夢リッチの小山大輔です。


ネットでもっとお金を稼げたらいいな

と思っていませんか?


そこで、今日はビジネスを成功させるために

ぜひ1つやってほしいことを教えます。


コレってあまり関係ないようで、

じつはけっこう関係があることなのです。

それが・・・
続きを読む

デブが成功できない理由

久しぶりに九州の大分県に帰ってきた

夢リッチの小山大輔です。


先週マカオ旅行を楽んできたわけですが

遊んでばかりいたわけではありません。


成功者を続出させる「最高の準備」をしているので

もうしばらく期待してお待ち下さい。


さて、本日は、旅行して帰ってきたら

お腹がぷよぷよになってしまったので、

私も20キロ痩せたダイエット法について教えます・・・。
続きを読む