副業や投資で成功するための「秘訣」や「考え方」を大公開!

  1. マーケティング

LINE@(LINE公式アカウント)使い方〜初心者でもできる集客方法&活用法&自動化を教えます!フリーリッチクラブ勉強会映像を大公開!

↓今すぐ動画を見る↓

小山です。

あなたはLINE@、またはLINE公式アカウントで稼ぎたいですか?

今回LINE@、LINE公式アカウントの使い方としまして集客方法、活用法について詳しく話をしたFreeRichClubの勉強会映像を大公開します。

いつもと違い少し長めですが、役立つ話をしましたのでぜひご覧ください。

チャンネル登録もよろしくお願いします。
それでは、どうぞ。

それでは、時間になりましたので本日の勉強会をこれから始めていきたいと思います。

本日講師を務めます小山大輔です。よろしくお願いします。

今日はついにきましたよ。今日はなんと初開催であり、最初で最後のLINE@勉強会です。これを今日開催したいと思います。

なので、今日生で参加しているみんなは本当にかなりラッキーだと思います。

なぜなら、この後いろいろと内容に入っていったらわかると思いますけど有料級ですね。思いっきりどう考えても有料だろうというような話を集中的にしていきます。

なので、初めて聞く話もたくさんあるでしょうし、LINE@を昔やろうと思っていたけどやりきれなかった人とかも今回のこの勉強会を機にやりたくなると思います。

そのくらい、LINE@の魅力をたっぷり語る約1時間ちょっとの時間になると思いますので、ぜひいつも以上にしっかりとメモを取る準備をしていただいて真剣に集中できる環境で取り組んで、学びを吸収して欲しいなと思います。

この勉強会を開催するのにちょっと頑張って資料を作ってきたので、開催できるのを楽しみにしていました。

それでは、結構参加者も増えましたので引き続き内容に入っていきたいと思います。

それでは、さっそく資料の方を共有しながら…画面を今共有していますね。これをちょっと小さくしまして、フリーリッチクラブLINE@勉強会をこれからはじめていきたいと思います。

今日はLINE@です。LINE@とは何なのか?今はLINE公式アカウントという言い方をします。名称が変わりました。

ただ、LINE公式アカウントがちょっと言いづらかったりするので、ここではLINE@と言おうかなと思います。

これはLINEが提供している事業者向けのメッセージ配信サービスです。1000通までは無料で使うことができます。その後は有料になります。

なので、最初は無料からはじめられるというものなんですね。

LINEに対してメッセージをお届けするサービスです。

いくらなのかというと、LINE公式アカウントの料金はフリープラン、ライトプラン、スタンダードプランがあって、フリープランは無料で1000通までですね。

次のライトプランは5000円で無料メッセージ15000通までメッセージを配信することができます。15000通を超えてくると、超えた分×5円です。これは結構な料金になってきますね。

だから、この無料メッセージ量を越えてしまわないようにコントロールしていかないといけないんですよ。要は、配信しすぎはちょっと危ないよという感じです。

スタンダードプランは月額15000円で無料メッセージは45000通まで送信することができます。それを超えると3円以下の追加料金がかかってきますよというものですね。

最初の場合はフリープランで全然足りると思います。結構読者数が増えてきた場合はライトプランにすると足りるかなという感じですね。

スタンダードプランはめったに使わないと思ってもらって大丈夫です。なので、かかっても5000円だよということですね。

LINE@といってもLINEとの違いは何なのか?「@」の付いている、付いていないので何が違うのか?

LINEはコミュニケーションチャットツールだと思ってください。みんなLINEを使っていると思いますけど、友達とか家族とかで「元気?」「おはよう」「今何してる?」とかそういうメッセージのやり取りをするのがLINEですよね。

これはチャットツールです。1対1の。

LINE@は何かというと、このLINEの機能も備えています。1対1のチャットツールでもあるんですけど、そこにプラスアルファメッセージ配信というのがあるんですね。これがすごい。

メッセージ配信とは何かというと、例えばLINEの友達が100人いたとします。その100人の人達に何か1つのことをお知らせしたいと思ったら100人に送らないといけないでしょう?

100人に100メッセージ、大変じゃないですか。でも、LINE@だとその100人お友達がもしいたとしたら、メールを1通配信するだけで100人に一斉配信ができるんですよ。ボーンって。これがすごいんです。これが違いだと思ってください。

細かく言うと他にもたくさん違いはありますけど、一番の違いはここといっても過言ではありません。

このLINE@と他のSNSの違いは何なのか?いろいろありますよね。Twitter、Facebook、インスタグラム、ブログなどなど、いろいろあると思いますけど。

ブログやFacebookというものは、待ちの媒体と言われています。

要は、そこはなにをするのかというと何か投稿しますよね。ブログに記事を書く、Facebookに投稿する。

そして、そこに記事を投稿してそれに対して待つしかないんですね、僕たちは。

投稿されていいねされるのを待つとか、投稿してコメントが入るのを待つとか、そういう感じですよね。つまり、待ちの媒体なんです。

一方、このLINE@は攻めの媒体と言って、自分から相手にプッシュができます。メッセージ配信をバーンってできるから、相手のスマホの中のLINEにピロンって通知が飛ぶんですよ。

そして、未読1件と出ます。そうなったらどう感じます?もしもみんなのスマホのLINEに未読1と表示がされていたらどうします?

やっぱりこれ見たくなると思うんですよ。「1か…」みたいな。「誰、何のメッセージだろう?」って見たくなると思うんですよね。そういう心理が働きます。

つまり、反応率が全然違います。ブログに投稿したり、Facebookに投稿している内容と全く同じ内容をLINE@で配信するだけでも全く違う反応。

もうすごい好反応が得られるということです。見られる可能性が高いということですね。

ブログやFacebookは投稿してもスルーされて見られないことが結構あるんですよ。ここが違います。

ただし、LINE@には問題点があります。これが大変なんだ。

僕事ですが、このLINE@を結構前からはじめていまして、ぼくの個人LINE@の友達は約4000名いました。それがある時、突然4000名のLINE@が削除されるという事件が起こりました。

これは事件と言っていますけど、本当に大袈裟じゃなくて事件でしたね。もうあり得ないほどの損失でした。

なぜかというと、LINE@の友達の価値というのはだいたい1読者あたり1000円以上と言われているからです。

なので、この4000人の友達をもう1回集めるためには1000円×4000名=最低400万円のお金をかけなければ、同じものを作れないんですよ。

そのくらいお金も時間もかかってしまうことなんですね。だからこそ、僕はこの時は放心状態になりました。

「ウソでしょ…」という感じですね。当然、消されたのは初めての経験です。

消されている人がいるよという噂は前から耳にしていました。ただ、自分事ではなく大丈夫だろうとたかをくくってちょっと気が抜けていたんですね。

そうすると、ある日突然こういうことが起こってもう血の気が引きました。サーってね。

でも、もうどうすることもできないんですね。1回削除されると、これまで作ってきたその資産、読者は一瞬にして消えてなくなります。

なので、同じ失敗をしてはいけないんです。

これからLINE@を始めようと思っているみんなには同じ失敗をして欲しくないので、僕が失敗してきたことから学んだことをみんなに共有していきます。どうすればいいのか?

では、ライン@をどう使うべきか。ここがポイントね。

まずわかっておいてほしいのは、このLINE@が削除される理由をしっかりとわかっておいてください。

①LINE@でアフィリエイトをしている
②LINE@で規約違反のものを紹介している

削除されるパターンは多くの場合この2つです。

このアフィリエイトはいっぱいありますよね。このアフィリエイトを実はLINE@でしちゃいけないんですよ。なんでもそうです。アフィリエイト禁止なんですね、LINE@は。

だから、絶対にやっちゃいけない。アフィリエイトリンクを貼っちゃいけない。

貼ってすぐに消されるわけじゃないんですよ。ある時突然消されるんですよ。

だから、1ヵ月も2ヵ月も、下手すると半年1年とアフィリエイトしていても消されないことはあります。ただ、いつか消されますね。なので、気を付けてください。

あとは規約違反のものを紹介している。紹介してはいけませんよ、LINE@ではこういうことをしないでね、ということが発表されています。それを紹介しちゃダメ。

それはどういうものなのか?まとめました。結構あります。
・医療関係の商品やサービス
・日本国内の未承認の医療品を紹介する
・医療品等の個人輸入を代行しているもの
・出会い系の商品やサービス
・「街コンイベント会社」「相席居酒屋」「相席ラウンジ」「出会い系喫茶」「出会いバー」「出会い系パーティー」「テレクラライブチャット」「インターネット異性の紹介事業」
・アダルト系のサービス
・「性風俗店」「ソープランド」「ファッションヘルス」「デリバリーヘルス」「セクシーキャバクラ」「ハプニングバー」「アダルトショップ系」
・青少年にとって好ましくないもの
・情報商材
・能力開発関係の商材
・「○○をするだけでスキルアップできる」「○○をするだけで、何々できる」要は、簡単に始められるというようなメッセージが込められたようなもの
・「リアルマネートレーニング」「アプリオンラインゲームなどのアカウントキャラクター」「仮想通貨等に交換できるようなサービス」
・「ねずみ講」「マルチ商法」「MLM」「ネットワークサービス」そういうものの紹介
・「霊感商法」「モニター商法」
・「クレジットカード枠の現金化サービス」に関するもの
・「ギャンブル」「カジノ」「換金可能なカジノ」「オンラインカジノ」サービス
・「違法なギャンブル」

それだけのものを紹介してはダメだよと。それは規約に触れます。

では、LINE@の正しい使い方とは
・LINE@で規約違反のモノを紹介しないこと
・アフィリエイトはしないこと

では、どうやって使うのか?
ブログ記事やSNS記事を紹介することを前提としてください。自分のブログ、もしくはFacebook、Twitter、YouTube、インスタグラムとかやっているもの、そこへ誘導するために使うということ。

そして、例えば自分のブログ記事にきてもらって、そこで動画で紹介する。または、ライブを行って自分の売りたい商品を売るようにしていくということですね。この流れが大切になります。

または、今はライブなどいろいろあるので、FacebookにきてもらってFacebookライブをするのもいいでしょうし、Youtubeライブとかもあったりしますから、ライブか動画とかブログの文章とか画像とかいろいろ使って売りたいものを売るようにしてください。

必ずこの流れをしてくださいね。だから、絶対にアフィリエイトはしない。そして、規約違反のモノを紹介しないようにしてください。

そうするだけでも、いきなり削除ということはほぼほぼなくなると思って問題ないです。よろしいでしょうか?

では、LINE@のメリットがどんなことなのか?結構リスクなこともありつつも、メリット。

それはずばりこれです。
・読者(LINE@の友達)にメッセージを配信して、自分の商品やサービスをお知らせできる
・個別チャットでコミュニケーションやサポートができる
この2つがメリットです。

つまり、あなたの商品やサービスがLINE@経由で売れるということです。

FacebookやTwitterとかで何かモノを紹介しようとしたとたん、まったく反応がなくなるんですよ。特に嫌がられます。

例えば、Facebookで「こんな商品誰か買いませんか?いくらです」なんていうことを投稿したとしても、誰一人反応しないと思いますよ。

いいねのいの字も付きませんね。コメントも入らない。そういうふうになっています。

Facebookはコミュニケーションとかをする場所なので、何か商品やサービスを売る場所ではないんですね。

だからこそ、まずはLINE@の読者になってもらって、LINE@の読者に対してこういう商品・サービスがあるよというのをお知らせする。ここは全然OKなんですね。

ただ、LINE@上で売るのは良くないから自分のブログにきてもらうだとか、ライブにきてもらってライブで売るとか、動画を見せて動画で売るとか、そういう流れに必ず持って行くようにしてください。

デメリット。基本的にはデメリットはないです。LINE@をやるデメリットはないですね。

あえてあげるのであれば、読者数が増えると無料プランでは足りなくなってくるので、有料プランにする必要が出てきます。

若干月額5000円とかのお金がかかってくるよと。これをデメリットというのかはちょっと微妙ですが。

あとは、規約を守らないとアカウント削除になってしまう。これがやっぱり一番怖いところだとは思います。

なので、その規約の所だけはしっかりと守っていけば、このアカウント削除の恐怖はだいぶ和らぐかなぁと思います。

それでは、LINE@でマネタイズする方法はどんなものがあるのか?

≪ケース1≫
LINE@の読者を増やして、読者に無料プレゼントやキャンペーン情報をお知らせして来店してもらうというパターン

なにか自分のお店や店舗とかネットショップとか、そういうお店を経営しているパターンはこういうケース1のパターンになります。

≪ケース2≫
LINE@の読者を増やして、読者に価値ある情報を与えて信頼関係を構築し、商品やサービスを提案して買ってもらうというパターンですね。

いわゆる個人の場合はこのケース2にあたるかと思います。

売上見込を計算する方法があるので、これをまず飲食店の場合で解説すると…これが方程式です。

友達の数×来店率×組人数×客単価=売上見込

例えば、LINE@の友達が100人。そこでメッセージを配信。「○○でこういうお得なキャンペーンをやるのできてね」

来店率が10%だった場合、来客1組当たりの人数…1人でくるということは少ないので、その平均が4人だとする。飲食店とかだった場合ね。客単価が1人あたり3000円だとすると、1回のメッセージ配信に対する売上見込は12万円になります。

上のこの方程式に当てはめると
友達の人数100人×10%×4人×客単価3000円ですね。そうすると、12万円になるということです。

つまり、LINE@で1回配信するだけで12万円の売上がたつ見込みが立つということですね。

そして、次に個人の場合。
友達の数×購入率×商品単価=売上見込

例えば、友達の人数が100人。そこに対して、その友達と関係性を構築したうえで自分の売りたい商品やサービスをその後提案する時が来るので提案しました。

すると、購入率が10%だった場合、その友達が客単価3000円…3000円の商品を買ってくれたとすると、1回のメッセージ配信に対する売上見込は3万円ということになります。

友達が100人いて1通配信をすると、3万円の売上がたつということですね。そういう計算になるということです。

上の計算式に当てはめると
100×購入率10%×商品単価3000円=3万円
ということですね。

これは忘れないようにしておいてください。この式ね。

それでは、LINE@を何人集めるといくら稼げるのかというのはもう単純にこういうことです。

LINE@の友達が100人いて購入率が10%だった場合はメールを1通配信すると3万円の売上が経つのが見込めます。

LINE@の友達が200人いて購入率が10%だった場合は3000円の商品だったら6万円の見込みがたちます。読者がが300人だったら9万円、読者が400人だったら12万円、読者が500人だったら15万円の売上見込がたつということです。

単純にこの数字が大きくなっていくだけです。

ここで赤文字にしていますけど、すごく重要なことが何かというと、読者が100人でも200人でも300人でも400人でも500人でももっと多くても、いずれも作業時間は変わっていないんですね。ここがすごいことです。

メッセージを配信することはちょっとした文章を書いて配信するだけなので、そこに対しては同じ時間。つまり、読者の人数が違うだけで売上が大きく変わってくるという事実なんですよ。

だからこそ、これがわかっている人はLINE@をちゃんと集めようとしていきます。

だから、FacebookだけやっているとかTwitterだけ、ブログだけやっているというのは、ハッキリ言ってもったいないんですね。

なぜLINE@をやらない?という感じなんですよね。

FacebookやブログやTwitterというのはモノを売る場所じゃないよと、そこじゃモノは売れないよと。そこはコミュニケーションをする場所だよと。

本当にモノを売りたいのであれば、ちゃんとLINE@にきてもらって自分のそのLINE@の読者に対してちゃんと売りたいものをオファーするようにしていってください。

それでは、LINE@を始めてどうやって読者を増やしていくのか。これはとっても簡単です。

友達紹介リンクを取得する。もう一つは友達紹介QRコードを取得する。

この右の画像みたいにURLとQRコードがあるので、このどちらかを紹介していくだけでOKです。

どこで紹介するのかというと、LINEの友達に教えたり、SNSをいろいろやっていると思うのでそこの友達・フォロワーに教えたりします。

そして登録してもらうと、読者が1、2、3…と増えていきます。

それでは、LINE@読者を100人以上にする方法はどういうものかというと、すごくシンプルです。

LINEの友達にまず紹介します。LINE@を始めると、自分のLINEをやっていると思うのでLINEの友達が結構たくさんいると思うんですよ。

少ない人でも何十人かはいると思います。多い人だったら何百人。結構お友達交換とかしている人だったら1000人以上いる人もいるんじゃないでしょうか。

であれば、まずはそういうLINEの友達に紹介していく。その後、SNSの友達、Facebook、Twitter、ありとあらゆるSNSで紹介していきます。

では、どう紹介していくのかというとすごくシンプルで、LINE@をやっていますとまずはプロフィールに書きます。

Facebookのプロフィールとかブログのプロフィール、TwitterのプロフィールとかにちゃんとLINE@をやっているんだよというリンクを入れる。

あとは、LINE@を始めましたというメッセージを個別に送っていきます。「冷やし中華はじめました」というノリでOKです。

要は、ラーメン屋さんとかどっかの飲食店とかで冷やし中はじめましたみたいな、なんか壁にそういうのを見たことがあると思うんですよ。1回ぐらいは。

冷やし中華この時期やっていますみたいな。8月中までとかね。

そうすると、冷やし中華やってるのか、冷やし中華なんか久々に食べたいなということで注文して食べるみたいなことはよくありますよね。

なんで冷やし中華を食べる経緯にいたったのかというと、メニューとして書いてあったからですよ。

「あ、冷やし中華やってるのか」ということを認知したので、興味をもって頼んだわけですよね。これは興味がない人は冷やし中華を注文しません。

これと全く同じで、LINE@をやっていますということをちゃんと伝えて、LINE@を始めましたというメッセージを送りましょう。

そうすると、興味ある人がそのLINE@に登録をしてくれます。言わなければ、誰にも気づかれないのでLINEの友達とかにバーッと送っていく。

100人いるんだったら全然100人にダーッとLINE@を始めました。よかったら登録してねっていうことをババババババッと、もう定型文のコピペとかして文章を1回作ってしまって、同じ文章のメッセージを送っていったらいいんじゃないかなと思います。

ただ、人によって自分と同級生ぐらいの人とか自分の後輩向けのメッセージと、自分よりもちょっと年上の人におくるメッセージは若干言葉の語尾とかの表現が変わったりしますよね。

なので、その辺は何パターンかちょっと自分で作ってもらって「LINE@を始めた。よかったら登録してね」というのをいっぱい送っていくとよいです。

この時にコツ・ポイントがあって、このLINE@ではどんな情報をお届けしていくのかを伝えた方がいいと思います。

LINE@を始めましたといっても、LINE@のことを知らない人も中にはいると思います。

LINE@は最近だとだいぶもう浸透したので知らなくはないと思うんですけど、なんでこのLINE@に登録しなきゃいけないの?と向こうは思うんですよ。

「LINE@始めました」「ふーん。あ、そうなんだ」という感じですよね。普通は。

だけど、このLINE@では例えば
「趣味の釣りについて話していく。よかったら登録してね」という言葉だとか、もしくは「このLINE@では転職ノウハウについて話していくから興味があったら登録してね」とか「このLINE@では副業について話していくから、もし興味があったら登録してね」リンク

そういうふうにメッセージを送っていくんですよ。そうすると、興味がある人は登録するし、興味がない人は登録しないということです。

「冷やし中華を始めたんだ。これいい感じで味も濃くてこの季節にぴったりで、すごい人気商品なんだよ。よかったら食べてみない?」ということを、みんなに送るということです。

そうすると、全員は食べませんよ。全員はLINE@に登録してくれないけど、興味を持つ人が必ず一定数居るので、あなたのLINE@の読者は必ず増えていきます。

これは必ず付け加えるようにしてくださいね。そうすると、興味を持った人が登録してくれます。

もう1つこのコツ、これは大きいですよ。無料プレゼントを用意するようにしてください。こんな感じ。

「このLINE@に登録された方には、○○をプレゼントします」これがむちゃくちゃ大事なんですよ。あるのとないのでは大違い。

もうLINE@の増え方が天と地と言っても過言じゃないくらい、違います。プレゼントなしだったら増えません。プレゼントありだと増えます。

例えばこんな感じ。
「このLINE@に登録してくれた方には、転職ノウハウ30の秘訣レポートをプレゼントします」とか。これは転職ノウハウに関することを話す人だったらね。

または「このLINE@に登録してくれた方には、ネットで1万円の作り方動画をプレゼントします」とかね。レポートでもいいし、動画でもいいし、というところですね。要は、何でもいいです。

ブログの秘密の記事とかでもいいだろうし。パスワードをかけて見れないようにしておくとか、そういうのでもいい。

とにかく、何かプレゼントを用意する。

そうすると、そのプレゼントに興味をもって登録「なんかちょっと興味あるし、そんなプレゼントをくれるんだったら登録しようかな」と思わせることができます。

こっちの今画像を見てもらうと、馬の前にニンジンを用意していますけどこんな感じです。

要は、馬に「よかったらこっちこない?」こっちこない?というか、馬の前にニンジンを用意する感じですね。
このニンジンが無料プレゼントということです。

そうすると、この馬はニンジンにつられて「ニンジンか、食べたいな。わかった、LINE@登録する」となるんですよ。ぜひこの心理をうまく使ってください。

こんな感じです。あとはそこまで準備ができたらたくさんの人にメッセージをしていくだけです。

例えば、Facebookは友達最大5000人にできるんですね。その5000人にもしもメッセージを送った場合という例で考えてみました。

そうすると、全員は登録してくれません。そういうものではないので。では、仮に2%の人がこのLINE@の友達になってくれたとしたらどうなるのかというと…なんともうそれだけで100人達成です。

たったの2%。50人中1人が「あ、LINE@登録する」となっただけでもう100人いってしまうんですよ。

では、もしも3%だった場合は150人、仮に5%の人が読者になってくれたら、なんと250人とかになってしまいます。

なので、要はたくさんの人に送ると読者を100人以上にすることができるんですね。

だから、もしも今現時点でLINE@をやっていて読者が100人いっていないのだとすると、それは知らないだけですね。

あなたの周りの人たちに伝えていないだけだと思います。「え?LINE@やってたんだ?」と多分知らないと思いますよ。

なので、しっかりと教えてあげてください。もう数ですね、ここまでくると。

それでは、さらに500人以上にしていくためにはどうすればいいのか?もう500人となると結構大した人数ですね。ここまで増やせたとしたらすごいです。

この場合はどうやって増やすのかというと、「オンライン」「オフライン」あります。

「オンライン」はSNSから集め続けるです。これは1回だけではなくてずっと集め続けるというのがポイントですね。

いつまで集めるのかというと、ずっとです。終わりはありません。

「オフライン」これは交流会など、普段人に会うと思うんですよ。仕事であったりプライベートであったり、異業種交流会で人にあったり、何かのセミナーで人に会ったり、お食事会やお茶会で人に会ったりとかそういう機会ありませんか?

その人、せっかく人に会っているんだから、その人もLINE@の友達になってもらいたいわけですよ。

なので、名刺などにさっきのQRコードを貼っておくとか、リンクを貼っておく。

リンクよりも名刺の場合はQRコードの方が読み込みやすいでしょうね。なので、LINE@を集め続けてください。

ここも、さっきQRコードだけ貼っていても読者になってくれないので、さっきも言ったように必ずプレゼントを用意したり、「このLINE@ではこういう情報を配信していっているのでぜひご登録ください」と提案することが大事なんですよ。

毎日集め続けます。1日1名増やせば、1年間で365名増えることになります。2年間続ければ、それだけで730名ふえるということですよね。

なので、しっかりと長期目線でコツコツ毎日1日も増やさない行動をしないということです。毎日増やし続けるということを習慣にして欲しいなと思います。

歯を磨かないで寝ない日はないでしょう?それと同じですね。LINE@を増やさない日はないです。

そしてこれを公開します。LINE@にはブロックというものがあります。このブロック率というものがあって、要はこのLINE@をもう読みたくないなと思ったら簡単にブロックできちゃうわけですよね。

みんなもブロックしたことあると思うんですよ、きっと誰かのLINE@をね。まさか僕のLINE@をブロックしてはいないですよね?というのは冗談でして。

ブロックは簡単にできます。ブロックされやすいんですよね。で、配信頻度によってブロック率がだいたいわかってきています。

まずほぼ配信しない場合。ほぼ配信しないというのはどのぐらいなのかというと、月に1回ぐらいしか配信しない場合、それでもなんと10%ブロックされます。

100人友達になってくれたとしたら、10人にはブロックされるんですよ。下手すると1回も配信しない、それでも10%ぐらいブロックされます。

やっぱり、なんか冷やかしで登録してやっぱりやめたという人はいるので。100%ブロックされないのは無理です。

そして、たまに配信する場合。例えば、週に1回配信しますとかね。月に何回か配信しますみたいな、こういう人でもやっぱり20~30%はブロックされていきます。

100人友達がいたら20~30人にはブロックされる。こんな感じだと思っておいてください。

よく配信する場合。例えば毎日配信する。今日はこう、今日はこう、みたいにガンガン配信する。そうすると、ほぼ間違いなく40~60%はブロックされます。

100人中40~60人にはブロックされてしまうということですね。なので、長期的に見ていくと50%、約半分にはブロックされると考えておくと気が楽です。

結局のところ、LINE@はすごくプライベート空間に対してメッセージをお届けしていくのでブロックされやすいんですよ。もうそれは仕方がないです。

僕がよく配信するようになったとしても、やっぱりこういうような数字になってきてしまいます。なので、そういうものだと思うようにしてください。

配信すれば配信するほど、ブロック…もうこのメッセージはいらないよ、これはもうちょっと読みたくないなということでブロックされる反面、半分の人達はしっかり残るんですよね。

あなたからのメッセージをブロックせずにとっておきたい、こういう人たちがあなたのファンになってくれる人たちであり、あなたの提供する商品やサービスにお申し込みをしたいと言ってくれる人たちになります。

なので、ブロックをする人たちは完全にブロックさせておいてOKです。バンバンブロックさせてください。

サイコロと同じですね。要は、サイコロの例えば1、2、3の数字が出たらあたりだとするじゃないですか。逆に4、5、6が出たら外れだった場合、サイコロを振ると1、2、3が出る確率はどんなものですか?これも50%じゃないですか。

立てつづけに1、2、3がずっと出続けることもありますけど、ずっとサイコロを振り続けていたら確率なのでやっぱり50%ぐらいになってくるんですよ。

これと全く同じなので、LINE@の配信をずっと続けていたらいずれだいたいそんなものになっていきます。ブロックされるか、されないか。

では、LINE@の始め方を説明します。簡単です。

LINE公式アカウントをまず開設します。このリンクからいくか、ネットでLINE公式アカウントと検索してみてください。

そうすると、こんなような LINE for Business というページが出てきます。ここからアカウントの開設が簡単にできます。

アカウント開設が無料でできると、IDとログインパスワードでログインするとLINE公式アカウントマネージャーというものがパソコンから使えます。

スマホにも対応はしていますね、アプリがあるので。この管理画面からいろんなことを行っていきます。

最初にするLINE@の初期設定としては、プロフィール名を決めてプロフィールアイコンを変えることです。

名前を決めて、このプロフィールアイコンをオリジナルにする。最初の段階は本当に人物のシルエットみたいなので、その写真はやめましょう。

そして、その次にやることは挨拶メッセージを設定します。これがすごく重要です。

挨拶メッセージというのは、LINE@に友達になってくれた時に友達登録ありがとうございますというメッセージを相手に1通お届けすることができます。これを必ずオリジナルのものにしてください。

例えば、僕のLINE@に友達登録した時のことを思い出して欲しいんですけど。テキストだけではなく動画や画像も設定できます。今は動画になっていますね。

動画でしゃべったりだとか、テキストも送ることができます。

この最初の挨拶メッセージがなんで大事なのかというと、必ず見られるんですよ。友達になってくれた瞬間に相手に必ずピロンっと通知がいくので、ほぼ100%そのメッセージを相手は見ます。

なので、ちゃんとあったほうがいいんですよ。これない人がたまにいたり、最初の初期設定のまま何も文章を変えていない人とかもいるので、それはもったいないですね。

ちゃんとここは頭を使った方がいいです。

そして次にここ、今はリッチメニューも使えるようになっています。

リッチメニューというのは、まさに今画像を出していますけど、こういうバナーというかこれがリッチメニューというんですよ。

メッセージを配信するたびにこのメニューがポーンと開くように最初はなっています。逆に、これを開かないようにもできます。

これがある利点としては、自分がメッセージを配信するたびに見て欲しい、ブログに来てほしい、他のSNSでつながりたいとか、そういうアピールをすることができます。

なので、これも有効に使うといいんじゃないかなと思います。

そして、LINE@の操作で覚えることは、もういろいろ難しく考えないでください。たったの3つでOKです。やることはこの3つしかないんですよ。

メッセージ配信、チャット、タイムラインです。それぞれ説明します。

①メッセージ配信
これは友達全員にいっせいにメッセージをおくることができます。投稿時間を予約することもできます。テスト配信をして、誤りがないことを確認してから配信予約をするようにしてください。

こんな感じですね、右のメッセージ。こういうメッセージをピロンっと友達に送ることができます。

②チャット
これはコミュニケーションすることを意識してください。1対1の個別チャットができます。普通のLINEと同じような感じですよね。それがLINE@の友達全員とできます。

既読スルーしないことを心がけて欲しいなと思います。あくまでもコミュニケーションが大切なので、LINE@で向こうから何か質問がきているんだったら、それには返信をしてあげたり、返し忘れをしていましたとかそういうことはしないようにした方がいいと思いますね。

この自分のスタンプ、自分の購入しているスタンプが使えます。前は使えなかったんですけど、LINEのシステムも日々バージョンアップしていて使えるようになりましたね。

なので、ぜひ小山君スタンプを手にいれて活用されてみてください。

③タイムライン
タイムラインもあります。タイムラインが何かというと、Facebookの投稿みたいな感じですね。それと似たものです。

Facebookで普段画像を投稿したり、文字を投稿したりしていると思うんですけど、LINE@にも同じ機能があります。

なんのために投稿するかというと、投稿していいねやコメントやシェアをしてもらうことを狙っていきます。

テキスト文章だけではなくて、画像や動画も投稿することができます。

このタイムラインのポイントは、いいねをされるだけでも実は拡散されていくという仕組みがあるんです。これはFacebookの個人ページにはないですね。

Facebookの個人ページはいいねされても拡散はされていきません。あれはシェアされないと拡散されていかないんですよね。

ただ、このLINE@に関しては友達からいいねをされるだけでも友達のタイムラインに拡散されるという、結構強力な仕組みになっているのでこれはうまく活用できると思いますね。

それでは、実際の画面を見ながらちょっと解説に入っていきたいと思います。

以上です。今日はここまで。

高評価、コメント、シェアをお願いします。

LINE友達登録で無料プレゼントをあげています。詳しくは概要欄のほうで。

バイバイ!

⇒チャンネル登録する

⇒LINEで友だちになる

 

 

 

 

マーケティングの最近記事

  1. 短縮URL Bitly(ビットリー)の使い方〜オンラインビジネスやアフィリエイトに超便利っ…

  2. メルマガの始め方・おすすめメルマガ配信ツール教えます!無料版ならこの2つ!有料版ならこ…

  3. メルマガの始め方〜初心者でもできるメルマガの作り方&書き方&メルマガで稼ぐ方法&仕組み作り…

  4. LINE@(LINE公式アカウント)使い方〜初心者でもできる集客方法&活用法&自動化を教え…

  5. フェイスブック使い方・超基本編〜初心者でもできる集客方法&稼ぎ方を教えます!フリーリッチク…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)