南国トレーダー小山大輔オフィシャルブログ

  1. ブログ
  2. 172 view

2018年の反省と2019年の目標

小山大輔です。

気づけば、大晦日です。

1年の計は元旦にありという言葉があるぐらいですので大晦日のうちに「2018年の反省」と「2019年の目標」を考えてみました。

まず、2018年ですが、

今年の初めから、いくつも投資した「仮想通貨(暗号資産)」のICOは、まだ何とも言えないものばかり。中には大暴落したものもありました。

ただ、まだ期待できるものもたくさんあるので、来年以降も、果報は寝て待ちたいと思います。

もちろん良い案件があれば、今後も「仮想通貨(暗号資産)」への投資は続けていこうと思っています。

そして某スクールのセミナー講師として、1月~4月ぐらいまで、北は北海道、南は福岡まで日本全国あっちこっち飛び回っていました。去年も含めると1000人以上の方たちとお会いすることができました。

時間の都合で、現場では基礎中の基礎の話が中心となりましたが、みんな意欲的に学ばれており、僕としても嬉しかったです。あのような場を与えてくれたクリスさんに大変感謝しています。

そして夏ごろから資金10万円からスタートしてやり始めた「バイナリーオプション」は、勝ち方をかなりマスターできたと思います。

毎週実践結果も公開してきましたが、現在では勝率70%ぐらい出るようになっており、日々順調に資金が増え、今では300万円を超えました。

バイナリーオプションの「ウェビナー」もスタートし、受講者数が日々どんどん増えていっています。今後は僕だけではなく、勝つ仲間をたくさん増やしていこうとしています。

「プロデュースの事業」は、いろいろあって、思うように進みませんでしたが、たくさんの学びがあり良い経験になりました。今後は組むビジネスパートナーは、しっかりとした「基準」を明確に持つことにしました。そうすればもっと良くなると思います。

そして「マーケティング勉強会」という有料級の集客ノウハウをダダ漏れにしているFacebookコミュニティを作り、こちらも日々会員数が増えていっています。集客したい方たちからはかなり好評です。




このような感じになります。

こうして2018年を、振り返ってみて思うのは、トレードスキルを学び始め、身についてきた1年だったのかなと。

あと新しいことにも積極的に挑戦してきた1年でした。

たくさんの失敗もありましたが、自分のやりたいことを、好きにやれているので、大変満足です。

そしてまわりにいる仲間たちから支えられた感謝でいっぱいの1年でした。

さて2019年の目標ですが、考えてみました。

●自己のトレードスキルを日々向上させて資金1億円を目指しながら、同時に仲間たちにもその方法を余すことなく共有していき、経済的に精神的に豊かで幸せな大人が集まるコミュニティを創っていく

●自分の大好きなことでビジネスしたい方のために、マーケティング支援をしていくためのコミュニティを大きくする


以上になります。

この2つをがっつりとやっていこうと思います。

「1年の計は元旦にあり」という言葉があるように大晦日に今年の反省と、来年の目標をたてておくと良いかもですね。

あと「感謝のリスト」を作ってみると良いですよ。この1年の感謝をいっぱい書いてみてください。

ぜひやってみてくださいね(^^)

いつも読んで頂きありがとうございます!

1年間大変お世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。


PS
【僕の公式LINE@にも登録しませんか?】

人生を120%楽しむ自由人になる方法をお届けしているLINE@です。
ブログでは話せない「秘密の話」もいっぱいしています。

このLINE@を読み始めてから
「自由人になれました!」「人生を楽しめるようになれました!」
という人が続出しているくらいです。

人生を120%楽しみたい人は、こちらにもぜひ登録して下さい。
どんどんツイてくる「友だち追加プレゼント」も用意してます。

■ 小山大輔公式LINE@(友だち追加プレゼントあります!)
⇒ https://line.me/ti/p/%40koyamadaisuke7

(@koyamadaisuke7でID検索でもOK!@をお忘れなく)

■小山大輔公式フェイスブック(FBの友だちも募集中です!)
⇒ https://www.facebook.com/koyamadaisuke7  

ブログの最近記事

  1. トレードカップで3位になりました!

  2. 明けましておめでとうございます!

  3. 2018年の反省と2019年の目標

  4. 宮古島に超大型台風が直撃してヤバ過ぎです!

  5. 37歳になりました。この1年はこう過ごすことに決めました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)