お悩み解決のプロが、40歳以上のあなたの悩みを解決します!

  1. 悩み
  2. 117 view

結婚10年目の残酷な真実!40代〜50代の男性へ【パート1】

↓今すぐ動画を見る↓

こんにちは、お悩み解決YouTuberの小山大輔です。

40〜50代の男性のあなたは、今このようなことで困ってないでしょうか?

「結婚10年目なんだけど何をお祝いしようかな?何かプレゼントしようかな?あー!!わかんない」と。

もしそうなら今日はちょっと面白い話の「結婚10年目の残酷な真実」ということで話をしていきたいと思います。

この動画を見終わった後は「知っててよかった…」というか衝撃を受けると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

この結婚10年目というか、まず昔をちょっと思い出してほしいんですけど、奥さんと出会った頃、何十年も前に出会った頃はラブラブなカップルだったと思うんです。

そこで意気投合して結婚して、そして子どもが生まれて、10年も経ってくれば、それはかなりすごい状態なわけですよ。

僕も以前結婚していたことがありまして、その時は3年も持ちませんでした。

というように、10年を迎えるというのは本当に大変素晴らしいことだなと思うんです。

この同世代の夫婦たちはどういう感じなのかというのを逆にちょっと知りたいと思いませんか?

結婚10年目を迎えているあなたと同じ他の世帯はどういう状況なのかというのを今日はアンケートを取ったデータがありますので、それを公開したいと思うんです。

300人の結婚9年目から11年目の男性にアンケートを取りました。それをちょっと公開していきます。

まずこんな質問をしました。「妻と会話をする1日の時間はどのくらいですか?」

そうすると、

1分から10分未満の人は8%。

10分から30分未満の人は31%。

30分から1時間未満の人は28.7%。

1時間から2時間未満の人は19.3%。

2時間以上の人は10%。

そして、全くしないという人は3%、というデータが出ました。

これはあなたと比べてどうでしょうか?奥さんと会話してますでしょうか?

これを僕が見る限りだと、やっぱり働きざかりを迎えた40〜50代の男性にとっては一緒に食事することもままならいという人が結構多いんじゃないかなというふうに思いました。

そういうふうに一緒に話す時間が少なくなってくればなってくるほど、当然すれ違いが起こってきてしまうものだなというふうに感じました。これが1つ目です。

次2つ目、これが「妻への愛として最も当てはまるものは何ですか?」

まず1つ目、女として愛している、これが20.7%。

次、家族のように愛している、これが49.7%。

そして次が、友人のように愛している、これが7.3%。

敬愛している、8.3%。

もうあまり愛していない、8.3%。

もう全く愛していない、3%。

憎しみのほうが強い、2.7%。

あなたはどれでしょうか?

見て思ったのが8割の男性が自分の妻のことをもう女性として見ていないこともあるんですけど、やっぱり愛が変化していくのかなというふうに思いました。

昔出会った頃、恋愛をしていた頃、結婚して間もない頃というのはラブラブしていたわけなんですけど、彼氏彼女みたいな関係性の愛情が10年も経てば家族としての愛情に変わっている人が多いですね。

あなたも恐らくそうなんじゃないかなというふうに思います。

女性として20%の人は「女として今も愛している」という人がいることは本当にすごいことですよね。

悲しきかな、2.7%の人は「憎しみのほうが強い」という、衝撃的な結果も出ています。

次、3つ目、「けんかの時に修復方法で最も多いのはどれですか?」

というので、あなたもこれを聞きながらどういう感じでやっているかなというのを選んでほしいんですけど、まず1つ目が「プレゼントでお詫びをする」、次が「自分で謝る」、次が「しばらく経ってから何事もなかったかのように話す」、そして「相手が謝るまで待つ」、そして「積極的にスキンシップをとる」、そして、「子どもを介してスキンシップを取る」、「メールやLINEで思いを伝える」、その他です。どれでしょうか?

この後パーセンテージを言いますけど、1個選んでもらったら、まず、プレゼントでお詫びをする。「ごめんね!」って言ってプレゼントを渡すという、これ2.7%、少なめです。

次が、自分から謝る、これは40.7%、圧倒的に多いです。

しばらく経ってから何事もなかったかのように話す、これ面白いですね、これは31.3%、これも多い。

次が、相手が謝るまで待つ、これが10%。

積極的にスキンシップをとる、5.7%。

子どもを介してスキンシップをとる、これ面白いですよね。直接奥さんと話せないから子どもを間にいれようみたいな、3.7%。

メールやLINEで思いを伝えるが、3%でその他が3%でした。

こう見ると、やっぱり男性が自分から謝る人が40%もいるので結構奥さんに尻敷かれているんじゃないかなという感があるんですけど、

その反面残りの6割の人たちは自分から謝ろうとしないという、謝らずに何か子どもを介したりとか「向こうが謝るまでこっちも謝らん」みたいな姿勢を取るというのはちょっと面白かったです。あなたはどれでしょうか?

そして次が4つ目、「現在の結婚生活における悩みが何か」

まず1つ目が「世帯収入の悩み」、「性格の不一致・口うるさいことに対する悩み」、「マンネリの悩み」、「性の不一致・セックスレスに関する悩み」、「生活習慣の違いの悩み」、「金銭感覚の違いの悩み」、「教育方針の違いの悩み」、「義理の家族の関係の悩み」、「家事をしないことの悩み」、「育児をしないことの悩み」、「自分の浮気・妻の浮気の悩み」、その他です。

どれでしたでしょうか?

まず世帯の収入の悩みは38.7%!やっぱり一番多いです。家族間でのお金の問題というのは大事な所ですよね。

お金があると、だいたいの問題は収まると思うんです、結構な場合って。浮気とかはやばいですけど、収まると僕は思います。

次は性格の不一致、または口がうるさい。

やっぱりこれは10年も一緒になってくると出会った頃は全く何も言わずにおとなしかった奥さんが結婚して、子どもが生まれれば生まれるほど、どんどん強くなっていくという傾向が多分あると思うんですけど、その度に事細かく言ってくる、「ここをこうしないでね、ああしないで」っていうのがあると思うんですよ。そういう性格の不一致、口うるさい。

次は、マンネリです、これが20.7%。性格の不一致・口うるさいは21.7%でした。

次が、性の不一致・セックスレスが19.3%。

これは結構深刻な問題ですよね。10年とかも経ってくるとどうなんだろうと思いますけど、そのくらいやっぱり男性にとっては特に結婚したら「奥さんと一緒にいる」ということを宣言しているわけでしょう。

それにも関わらずセックスレスになってしまった場合って、何だろう変な話もう一生できない状態ですよね。これは男の人はつらいですよ。すごくよくわかります。

次、生活習慣の違い、これは19%。

それは違いますよ、男性と女性は全く他人ですからね、奥さんと言ったって他人なので。まあ違うと。

金銭感覚の違い、17.3%。

これも大きい問題ですよね。例えば男性のあなたが結構堅実性でしっかりと稼いだお金を家のために貯金して無駄使いしないようにするタイプだったのに、奥さんが結構パッパッパー使っちゃうようなタイプだったら、「いいかげんにしろ!」と思いますよね。「そんなに使うな、そんなに服を買うな!」と思いますよね。というような所だと思いますね。

もちろんその逆もあると思います。あなたが結構「稼いだお金は使ってなんぼだろ」みたいな人だったら奥さんは不安になっちゃいますからね。

次が教育方針の違い、やっぱりお子さんに対する教育問題ですよね、これの考え方。

例えば「学校なんか通わなくていい」というあなたがいた場合、奥さんは「いや、絶対学校には通わせるべき」とかね。「英語を習わせたいんだ」という人もいれば、「いや、英語なんていらない」とかね。そういうような所でも教育方針の違い出てきちゃいそうですね。

あと義理の家族との関係だとか、嫁姑問題でしょうね、8.7%。

家事をしないが7.3%、家事をしないのはどっちなんだろうね?

男性が家事をしないというパターンのほうが多そうな気がしますけど、いや違うか、この場合は男性にアンケートを取っているので女性が家事をしないんでしょうね。

今度、育児をしないが3.3%。

育児にもよるけど、小さい子どもの育児をしないはどうかな?と思いますけど、結婚10年目だから結構な年齢行っているお子さんに対する育児をしないなんでしょうね。

自分の浮気・妻の浮気が2.3%ということになりました。

収入に悩んでいる家庭もやっぱり多いんですけど、その他も全体的に多いなと思いました。

やっぱり特に5人に1人が悩んでいる、性の不一致・セックスレスという問題は結構深刻な問題だろうなというふうに感じました。

そして5つ目、これが「そんなに悩んでいるにも関わらず何で離婚しないの?」という理由は何ですか?と。

あなたもちょっと考えてほしいんですけど、あなたがもしも思っていたとしたら、1つ目が「愛しているから」、次が「家族を守る責任があるから」、次が「子どもが成人していないから」、「信頼関係があるから」、「嫌いになれないから」、「何となく」、「面倒だから」、「再婚できる自信がない」、「相手がかわいそうだ」、「世間体が気になる」、「経済面が心配」、「セックスできるから」、その他という答えがでました。

パーセンテージは、愛しているから、というのが離婚しないで愛しているのは23.7%、一番多いです。

次、家族を守る責任がある、21.7%。

子どもが成人していないから21%。

信頼関係があるのが15.3%。

嫌いになれない、6.3%。

何となく、4%。

面倒だから、「離婚するの面倒だな」というのが勝っちゃう、2%。

再婚できる自信がない1.7%。

相手がかわいそう1.3%。

世間体が気になる、離婚するとね、1.3%。

経済面が心配であると0.7%。

セックスができるから、そこは良好なんでしょうね、0.7%、という感じになりました。

これは夫として、そして父として責任感から離婚を踏みとどまっている人が多いようにちょっと感じました。

離婚をしなくて済むのであれば、しないのが一番だとは思います。という感じになりました。

今言った5つのテーマについて少しアンケートを公開してみたんですけど、いかがでしたでしょうか?

今回お届けしてみて、今回はパート1ということでお届けしました。

次回はパート2ということで、同じくもう5つの質問がありますのでそちらを公開していきたいと思います。

様々な結婚10年目の真実について次回もお届けしていきたいと思います。

今回の動画をご覧になって気づいたことがあればぜひそれを実践してほしいなと思います。また困ったことがあればいつでも僕に相談してください。

 

それでは最後に3つお知らせです。

このチャンネルをぜひチャンネル登録しください。このような感じで日々役立つ情報をお届けしていっています。登録すると新着の動画のお知らせが届くようになります。

そしてお知らせ2つ目です。これがぜひこの動画をシェアしてください。シェアしていただくと僕としてもすごく嬉しいです。

3つ目、You Tubeでお話ししていない秘密の情報をお届けしていくLINE公式アカウントもやっていますのでよかったらそちらで友達になってください。

友達追加していただくと、秘密の特典をプレゼントしています。登録はこの動画の下の概要欄のほうから登録をすることができます。

良かったらどうぞ。それでまた次回もパート2のほうもご覧ください。

バイバイ!

⇒LINEで友だちになる

悩みの最近記事

  1. コロナ詐欺に騙されるな!詐欺の手口を10個バラします

  2. 結婚10年目の残酷な真実!40代〜50代の男性へ【パート2】

  3. 非常事態宣言解除後にやるべき3つのこと

  4. リモート飲み会ツールおすすめ10選〜どれが使える?

  5. お悩み解決アンケートにお答えします【パート1】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)