会社員を自由人にするための副業&投資情報+αをお届けします!

  1. お金
  2. 169 view

携帯代を安くしたい方必見!月1000円代にする方法

↓今すぐ動画を見る↓

 

こんにちは、お悩み解決YouTuberの小山大輔です。

今、あなたはこんなことで困ってないでしょうか?

「うわ!今月の携帯代10000円かよ~高っ!もっと携帯代を安くできないかな!?」

もしあなたがこのようなことで困っているのであれば、今日は「携帯代を安くしたい方必見!月1000円代にする方法」ということでお届けしていきたいと思います。

この動画を見終わった後は、「知ってて良かった~」ということで悩みがすっきりすると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この携帯代、結構かかってると思うんですね。

ちなみに僕の携帯代は、どんなに頑張ってもこれまでは月に10000円ちょっとかかってました。11000円か、ちょっと使いすぎると12000円ぐらいかかってしまっていたんです。

少し安くしたいなということを考えたことがあって、いろいろとこの無駄なオプションっていうものを外したりだとか、何か変なものに使ってないかなということで安くしようと試みたんですが、やっぱり月に10000円というのを切ることはなかったんです。

それまで僕はソフトバンクというものをずっと使っていて、安くすること、10000円がやっぱり平均でした。何とかやすくできないかなということをいろいろと調べていきまして、その結果、ある方法にたどり着きました。

そのある方法を試したら、現在いくらになったのかというと、なんと、10000円かかっていたこの携帯代が月にわずか2200円になったんです。

これは2200円ですけど、その状況によっては、人によっては月に1000円台にすることも可能です。おもいっきり頑張れば、1000円を切ることも可能だったりするんです。

なので、これはものすごい節約になりました。

今まで月平均10000円だったと考えると、年間120000円かかってました。

ところが、年間月々2200円になったので、年間にするとわずか26400円になったんです。

これ、携帯です。わずか年間26400円。

ということは、120000円引く26400円は、なんと!年間93600円もの金額を節約することに成功したんですね。

めちゃめちゃすごくないですか?

90000円も年間あったら何ができるかっていう所ですよね。

これはわずか1年間でこの93600円の差ですから、これからがすごいなと思うんですよ。

携帯ってずっと使っていく物なので、例えば10年間使った場合、その差は93万6000円にもなります。

10年どころじゃなく携帯ってずっと使いますから、

20年使った場合は187万2000円。

30年使った場合は280万8000円。

50年なんて、長生きしちゃって使った場合は468万円ですよ!

もの金額を節約することができたんです。

なので、それを教えていきたいと思います。

 

僕は一体何をやったのかといいますと、、、

 

それは「格安スマホ」です!

 

これに変えました。これを使っただけで今言っただけの節約に成功したんです。

この格安スマホというものは何か、これは知らない方いるかもしれませんが、大手携帯電話会社のスマホと比べて安価で利用することができるのが特徴です。

料金プランの選択肢も多く、自分にとって最適なプランを選ぶことができます。

格安SIMと端末の組み合わせも様々だったりするんです。

最近だとテレビでもCMとか行われてきているので、そういう「実際格安スマホって何?」っていうのを聞いたことあるかと思うんですけど、実際にそういうものです。

じゃあどれくらい安いのかというと、月額料金が4分の1くらいになると思ってください。

あなたは今どのくらい毎月かかってますでしょうか?

だいたい平均すると人によって違いますが、主婦の方だったら月に6500円から7500円ぐらい、こういう方多いですし、やっぱりサラリーマンの男性になってくると月に10000円ぐらい使っているという方多かったりします。

これがわずか4分の1、人によってはプラン次第では月に1480円とか、そういう1000円代に下げることができます。

先ほどもちょっと言いましたけど、状況次第では1000円以下にすることもできたりするんです。

なんでこんなに安いのかという所ですね、どうしてこんなに安いのか。

やっぱり気になりますよね、何か悪いことしているんじゃないかって。

これは格安SIMを取り扱う会社のことを「MVNO」といいます。

これはdocomoなどの通信事業者のネットワークを借りて営業をしているんです。

全国にショップを置いたり、膨大な広告費をかけているわけではないのでその分料金を安くできているという仕組みなんです。

じゃあ、やっぱり一番気になってくるのは「つながらなかったらどうするの?」ということだと思うんです。せっかくその格安スマホにしたにも関わらず、電波が全然つながらないと不安じゃないですか。

でもそこは安心してください。

多くの場合、MVNOはdocomoのネットワークを使っているので対応エリアは基本的に同じになります。なので、現在docomoの利用で、docomoの電波が問題なく使えているよ、という方は問題なく格安スマホにしても大丈夫だということです。

ちなみにMVNOっていうのは「何だこれ?」って思っているかも知れませんが、要は他社からの無線通信インフラを借りて、音声データや、音声通話ですね、データ通信のサービスを提供する事業者のことです。

いわゆる格安スマホを提供している事業者だと思ってください。

じゃあ、格安スマホはどうやって手に入れるのかということですけど、これはどこか普通に手に入れることができるのか。

これは、「格安スマホです!」と言って売られているわけではないんです。この利用を始める際には格安SIMと、格安SIMといわれる小さなカードです。それとそれを使える端末を用意する必要があります。

まずはスマホ本体を用意していただいて、格安SIMとセットにして使います。SIMっていうのは横にペコッと挿し込むことができるものです。Androidだったり、もしくはアイフォンとかですべてのスマホがそういう仕組みになっています。携帯電話も全部同じ仕組みです。

このSIMカードというものが何かというと、電話番号などの情報が書き込まれたカードになります。これがみんな全ての人たちSIMカードを持っているわけです。

これを交換することで通信会社を変えることができるんです。なので、すごく簡単なんですよ。スマホの中に挿さっているSIMをペコッと抜いて、それを交換するだけです。

格安スマホはこのSIMカードを挿し替えることで実現します。なので、ちまたでは格安SIMなんていう呼ばれ方もしてたりします。

ではこの格安スマホで使える端末はどういうものがあるのかということですが、多くの場合MVNOはdocomoのネットワークを使用しているため、docomoの端末であれば格安SIMを挿して、格安スマホとして使える可能性が高いです。

最近だとdocomo以外の通信会社もあるんですけど、ソフトバンクのものでも大丈夫とか。

docomo以外のスマホでもSIMロック解除をすれば、このSIMを挿し替えて使用するケースが増えてきています。

機種は具体的に調べたい場合は、MVNOのホームページなどがあるのでそちらのほうから対応しているのかどうかを調べてください。

今あなたがすでにスマホをお持ちであれば、自分の機種が格安スマホに対応している、格安スマホとして使える機種なのかどうかっていうのは簡単に調べることができます。

このMVNOの、いわゆる格安スマホの魅力は何かというと、月額料金を安く抑えることがでることです。そして通話品質や対応エリアはdocomoと同じなので安心ですよという所です。

そして、その代わりにいいことばっかりしか今言っていませんけど弱点があります。それをお話しすると、キャリアメールやキャリア対応のサービスが使えなくなることです。

例えばdocomo専用のメールアドレスが使えない、ソフトバンク専用のメールアドレスが使えないとかそういう問題は起きてきます。

その代わりメールアドレスにこだわっていないのであれば全然問題ないのです。

例えばGメールで足りているとかYahooメールで足りているという場合は特に問題ないです。

または通話し放題プランというものがないです。

なので、今現在どこかの3大キャリアを使っていて、電話いっぱいする、1日何回もして長時間長電話してしまう。だからカケ放題プランにしているという方はちょっとカケ放題プランがないのでどうかな?とは思います。

ただ、最近の場合はアプリなどを使えば、LINEアプリとかを使えばLINE同士の通話は無料になっていたりするわけなので、いわゆる普通の電話を長くしないように心がけることで安くすることができたりします。

では、手持ちの端末が対応していない機種だった場合どうすればいいのか。

スマホ持ってる、携帯持ってるけど、対応してなかった!

こういう場合はSIMフリー端末の購入をする必要があります。

どこの電話会社のSIMでも使える端末のことですね、このSIMフリー端末というのは。

これはネットで買うことができます。

ではいくらで買うことができるかと言うと、ピンキリなんですけど1万前後の安いモデルから、大画面でハイスペックな結構高額なモデル、4万、5万するようなモデルもあったりします。

iPhoneになってくるともうちょっと値段はやっぱり高いです。

ちなみにこのSIMフリー端末は格安SIMが使えるだけではなくて、海外で現地の電話会社のSIMを使えるということというものも利点だったりするんです。

なので、日本の携帯会社のSIMでももちろん通信はできるんですけど、それよりも遥かに安く利用することができます。

SIMフリー端末はすごく便利だということです。

音声通話付きプランでしたら電話番号を変えずに乗りかられるナンバーポータビリティというものが利用することができます。

普段電話付きの契約をしてると思うので、この電話付きプランの格安SIMに乗り換えるといいです。

例えば、普段からdocomo、au、ソフトバンクを使っていて、そこそこ電話するという方はこのナンバーポータビリティという番号そのまま、今あなたが使っている番号そのままで格安SIMに変えることができるんです。

これがナンバーポータビリティというもので、ナンバーポータビリティを使って音声通話付きのプランにすることです。

ここポイントです。

音声通話付きプランと音声通話なしプランというのがあるんです。なので、今ソフトバンク、au、docomoで契約している番号そのまま持っていきたい場合は必ず音声通話付きプランなります。

音声通話付きプランにすると普通に電話もできるんですけど、10分間通話し放題プランというのがこの格安SIMにも現在あるので、これを契約するとオプションで少し付けたりだとか、通話し放題は10分間し放題なので、10分間以内に通話を終わる短めの電話であればいくらかけても無料というものです。

それを使えば特に問題ないかなと思います。

本当にこれに変えるだけでめちゃくちゃ安くなりますので月平均すると1000円代から2000円くらいだと思ってください。

少しいろいろ細かいオプション人によってつけたい人とかいると思うので、そういう場合になってきても3000円代だと思ってください。本当ものすごく安いです。

それでは以上になります。

ぜひ格安スマホというものを調べてみてください。

僕が何十時間と使って、格安スマホっていろいろありますけど、いろいろ比較してリサーチしてみた結果、LINEモバイル楽天モバイルがいいかなと思いました。

大差はないので、好きなほうを使ってもらったらいいんじゃないかなというふうに思います。

楽天ファンなら楽天モバイルだと、楽天市場でよく買い物しているよというんだったら楽天モバイルでいいでしょうし。

LINE普段から使っているし、LINE好きだよっていう方はLINEモバイルでいいと思うんです。

本当にそのくらいの差しかなかったです。

なので、僕はLINEモバイルというほうにしました。そうするとLINEモバイルの月2200円で足りているプランになっています。

それでは、今日気づいたことをぜひ実践してみてください。またなにかわからないことがあればいつでも僕の所まで聞いてください。

 

それでは最後にチャンネル登録の方をよろしくお願いします。

このような感じで日々役立つ情報をお届けしていますので、チャンネル登録していただくと新着の動画のお知らせが届くようになります。

今回の内容がちょっとでも良かったという場合はぜひシェアをしていただけると僕としても嬉しいです。

それでは最後になりますが、You Tubeではお話していない秘密の情報をお話ししているLINE公式アカウントもやっているので、良かったらそちらでもお友達になってください。

友達になっていただくと特典をプレゼントしていますのでそちらもゲットしてもらえればと思います。

この動画の下から友達追加できますのでよかったらどうぞ。

はい、ではまた次回もご覧ください、バイバイ。

⇒LINEで友だちになる

お金の最近記事

  1. お金を増やす方法〜初心者でも確実に出来る!

  2. マズローの欲求階層説(欲求5段階説)とは?

  3. 儲かる業種〜資産5億円以上になりやすい業界

  4. なぜ年収300万円父さんはリッチなのか?

  5. 40代平均貯金額はいくら?貯金を増やす方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)