会社員を自由人にするための副業&投資情報+αをお届けします!

  1. 副業
  2. 113 view

マイナンバーから副業がバレるのか?会社勤めの方必見!

↓今すぐ動画を見る↓

 

小山大輔です。

副業されている方の中には、マイナンバー制度が、社会保障・税に関するものである事から導入された事によって、本業である会社に副業がバレるのではないかと気にされているかもしれません。

もし、そうなら今日は、「マイナンバーから副業がバレるのか?」というテーマで話をしていきたいと思います。

この動画を見終わったあとは、知ってて良かったと悩みがスッキリすると思います。

副業に関する重要な話ですので、ぜひ、最後までご覧ください。

結論から言ってしまうと、副業はマイナンバーではバレません。マイナンバー制度が導入されただけでは、会社に副業がバレる事はないんですね。

ただ、マイナンバー制度が導入されると、お勤めの会社に自身のマイナンバーを伝える事が必要になってきます。

このマイナンバーで、会社が自分の所得を知る事ができるのではないか?そんな事で不安を思うかもしれないんですね。

しかし、民間事業社のマイナンバーの収集利用には、大きな制限がかけられています。

3つありまして、

「法律の範囲内で、利用目的を特定して、従業員に明示する必要がある。」

2つ目は、「利用目的以外の利用・提供は禁止されています。」

そして、3つ目が、「現在、民間事業者にマイナンバーの利用が許されているのは、社会保障、税に関する手続き書類の作成事務の時のみ」です。

ですので、民間事業者が個人の所得情報を調べる事は、制度的にもシステム的にも不可能となっています。

ただ、マイナンバーで副業はバレないのか?というところですけども、事実上会社にはバレないんですけど、税務当局は、副業の把握が容易になります。税務署です。

まだ、安心はできないと。マイナンバー制度の導入における、大きな目的の1つが、個人の正確な所得の把握だからです。

これまでは、縦割りの行政という弊害から、税務当局でも各行政機関が持つ個人情報の取得には大きな手間と時間がかかっていました。

そのため、ある行政機関では、副業情報を把握したとしても、それがすぐに税務署の方に伝わるという事はなかったんですね。

ですが、このマイナンバー制度の導入が行われる事により、税務署は各行政機関とマイナンバーで、即時に情報共有を行なう事ができるようになり、情報の突合せなどを通して、個人の正確な所得を把握する事が可能となってます。

これによって、もし、副業はお小遣い稼ぎ程度だからと思って、確定申告をしていない人って、たまにいるんですけど、それは、絶対にやめた方が良いです。

そうしないと、確定申告をしていなかった場合は、もしかすると、税務署の方から調査を受ける事になるかもしれないんですね。

税務署の人たちって、ある日突然やってきます。基本、何の前触れもなく、午前中にやってくる事が多いですけど、結構朝早めにコンコンコンとして、あなたの自宅に訪れるんですね。

1人ではなく、だいたい2人とか、多いと3人ぐらいいるんですが、だいたい2人だと思います。訪れます。

そこで、一気に調査ですね。税務の件で伺いたいんですけどよろしいでしょうかという事で、きちゃいます。

そこで、もしも後ろめたい事があるとか、確定申告をしてこなかったというような状況だった場合は、基本その時初めて全部バレてしまいます。

徹底的に持ってるパソコンだとか、向こうも何の目星もなく、そういう調査は来ないので、ある程度、この人は怪しいなという人にめがけて来るものなんですよね。なので、その時は、もう時遅しです。

ですので、しっかりとそうならないように確定申告というのは、しっかりとしておくことをオススメします。

また、確定申告をされる場合は、住民税の徴収方法という項目があるんですけど、これを、「普通徴収」にしてください。これは、自分で納付をするという形です。ここは、結構重要なポイントなので、必ず普通徴収の方を選ぶようにします。自分で納める。

こうしておかないと、何でヤバいのかというと、「特別徴収」というのがあるんですけど。

これは、会社の給料からの天引きというふうになってしまって、年末調整の際に、副業の所得が加算されたり、加算された住民税の額が会社側に通知されてしまうので、副業がバレてしまうかもしれないというリスクが出てきてしまうんですよ。

なので、副業が会社にはバレたくないという場合は、必ず確定申告の際に、もう1回繰り返しになりますけど、住民税の徴収方法を、普通徴収、自分で納付するという形に、ぜひ、してください。

よろしいでしょうか。

以上です。

今回のマイナンバーで、直接的な原因となって、副業がバレる事はありませんので、そこは、安心してください。

それでは、今日気づいた事を、すぐに実践していきましょう。

また、何か分からない事があれば、いつでも僕に相談してください。

最後に、1つプレゼントがあります。

今日は、副業というテーマで話をしていますので、僕は副業のスペシャリストでもあります。

「副業の新聞」というものを、僕は持っているんですね。これは、何かというと、実際に、自宅に新聞を届けるわけではありません。インターネットの新聞で、毎日毎日1通新聞をお届けしています。そして、週に1回音声での新聞もお届けしているので、興味があれば、ぜひ、手に入れてみてください。

詳しくは、この動画の下の概要欄の方に、副業の新聞の詳細について書いてます。

以上です。

最後に3つお知らせです。

ぜひ、チャンネル登録をしてください。チャンネル登録をすると新着のお知らせが届くようになります。

2つ目。ぜひ、いいねをして、シェアをしてください。そうしてもらえると、僕としてもすごく嬉しいです。

3つ目。YouTubeではお話していない秘密の情報をお届けするLINE公式アカウントをやっています。こちらでも、ぜひ、友達になってください。

友達になっていただくと、友達追加特典をプレゼントしています。

この動画の下の概要欄の方から、友達追加してください。

また、何か相談した事がある場合は、ぜひ、気軽に、そのLINEの方でメッセージをいだたければ、必ず返答しますので、気軽にメッセージを送ってもらえればと思います。

それでは、また次回もご覧ください。

バイバイ!

⇒LINEで友だちになる

副業の最近記事

  1. 好きなことを仕事にする方法〜11個のマネタイズ術

  2. 副業でスキルアップという考え方を身につけるべき理由

  3. 自分に合った副業の見つけ方〜初心者必見!

  4. 副業時間ない方へ!副業時間の作り方〜年77万円は誰でも稼げる!

  5. 副業で成功しない方へ!モチベーションを維持する方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)