会社員を自由人にするための副業&投資情報+αをお届けします!

  1. 悩み
  2. 122 view

コロナ氷河期の衝撃!失業率5%増!新卒採用凍結!大量リストラ!

↓今すぐ動画を見る↓

 

こんにちは、小山です。

非常事態宣言が解除され、経済活動が再開されたらひと段落。そんな安心感は幻想にすぎません。

経済対策の効果が切れ、企業の体力が尽き、大量の失業者が生まれる、雇用崩壊は、むしろこれから本格化します。

リーマンショックをはるかに超える、「コロナ氷河期の衝撃!」その最悪のシナリオについて、今回は話をしていきます。ぜひ、最後までご覧ください。

先日、東京に出張に行きました。

そして、いろんな行きつけのお店に打ち合わせなどで、行ったのですが、いつもお客さんが入っている割合よりも、やはり圧倒的に少なかったですね。経済活動は再開されているものの、お客さんの入りは少なかったです。

スタバにも行きましたが、いつもだったら、お昼時に行くと満席なんですけど、すごくガラガラでした。すごく込み合った時期でも、空席がちらほら目立つ、そんな状況だったんですね。

さらに、ソーシャルディスタンスという事で、空席が目立っているにも関わらず、何席かは座ってはいけませんと、ここは空席にしてくださいと。そういうシートも貼られていたので、実際店舗の中に入っている人の割合というのは、満席時と比べたら、本当に半分以下から1/4ぐらいしかお客さんがいないという状況になっていました。

これは、どこのお店も本当にそのような感じで、お昼時、唯一1番込む時間帯でも満席になっていない感じだったんですね。

これは、いつまで続くのかというと、今後しばらくこのような状況が続いていくと思います。

実際に閉店してしまっていたお店もありました。中には、テイクアウトを始める、そういう飲食店もあったりしますが、始めたものの、テイクアウトでは黒字化できずに赤字になって、現在も赤字を垂れ流している。そんな状況があったりするわけですね。

では、このリーマンショックを超えるコロナ氷河期の全貌とは?ということで、少し話をしていきますが。

まず、コロナ失業が懸念される中で、529日に公表された労働力の調査では、今年4月の完全失業率は2.6%の低水準にとどまった事が分かりました。思ったより数字が低かったという事ですね。コロナの影響はそんなにないんじゃないかと。

しかし、この数字には裏があると言われています。

潜在的な失業者は、はるかに高いですね。

就業者数、働いている人の人数は、6,628万人いると言われています。その内の10597万人が、今は働いていない休業者と言われているんですね。これは、この失業者率に含まれていません。経済回復のメドが立たなければ、そのまま失業する可能性は高いです。

つまり、失業予備軍が全体の10%にも上回っているという事なんですね。職を失って休職する事で、初めて失業者としてカウントされる。そういうカラクリになっています。

休業者の全てが、失業者になってしまった場合、失業率は、なんと日本で11.4%にもなります。これは、アメリカ並みの大惨事とも言えます。

そこまでいかなかったとしても、休業者の半数が復帰できた場合、これでも完全失業率は、7%台まで上昇するんですね。

それって、どのくらいかと言うと、リーマンショックの時は、リーマンショックが起こった次の年は、完全失業率は、5.5%と戦後最高水準に達しました。それを優に上回る数値がこれから出てくると思います。

そのぐらい、コロナショックというのは、実際事が起こってから、すぐに起こらない。徐々に徐々に、だいたい1年ぐらいかけて、そういうのが浮き彫りになってくるということなんですね。

このまま経済活動の水準が、低速し続ければ、体力のない中小企業は7月いっぱい、大手でも8月を乗り切れるかどうかという現在段階です。

今年の倒産件数は、1万件を超える可能性が高いと言われています。

帝国データバンクが4月に発表した全国倒産件数は758件。これは、昨年の651件をはるかに超えています。16.4%も上回っているという状況ですね。

このペースで倒産が増えていけば、今年は、昨年の8,354件の倒産数に比べて、それを大きく上回ってくるのは確実であるという状況です。

倒産というと、うちの会社は大丈夫だよと、今一ピンとこない方もいるかと思うんですが。これは、倒産だけではなく、倒産前に商売をやめる「休廃業解散」を選択する会社も増え続けてきています。

東京商工リサーチの推計では、なんと5万件もの企業が、倒産じゃないけど、休業してしまったり、うちもうやめると。もう回らないので、ここで商売やめますということを言ってるということなんですね。

この大きな要因は、経営者のモチベーションが下がってきているという事を言われています。

自粛の非常事態宣言が発令されて、一気にお客さんが来なくなった。だけど、そんなに長くならないだろうと。短いこの非常事態の期間だけ乗り越えれば、いつも通りのお客が戻ってくる、いつも通りの売上げが戻ってくる。そう思っていた経営者さん、すごく多いんですけど。

辛抱に辛抱して、耐え伸びてきた。ところが、非常事態宣言解除されて、自粛解除されて、客足が戻ると期待していたものの、全く客足が戻ってこないと。そういう現状が今あります。

なので、これは経済的にも苦しいですけど、精神的にも苦しいわけですよ。そういう状態に、今経営者さんは特になっています。

特に中小企業の場合は、経営者の高齢化が進んでいて、後継者もいないし、負債を抱えるよりも、やめる方がマシと考える人が後を絶たない状況です。

現在は、申請の受理が追いついていない状況と言われていて、これからもっとこの数は増えていくと思われます。

会社が倒産まではいかなかったとしても、油断してはいけないですね。この経済的な打撃が本格化してくれば、企業は経費削減に着手せざるを得なくなってきます。

そうなってくると、何を経費削減するのかというと、最も経営者にとってお金がかかってるところって、人件費なんですよ。毎月毎月固定されて給料2030万円というお金を人に対して払う、1人あたりそういうお金を払ってきている。

売上げがたたなくなると、そこをやっぱりネックになってくるから、カットしたくなるんですよね。じゃないと、商売自体、会社が潰れちゃうんでね。

そうなってくると、一番最初に首を切られるのは、派遣や契約社員といった、非正規労働者の人たちです。この人たちは、とても首を切りやすいので、明日からもう来なくて良いですと。仕事は、ちょっと一旦なくなりました。

このような形で、簡単に切る事ができます。

厚生労働所の発表では、5月だけで解雇や雇止めにあった労働者は、何と1万人以上も増加して、合計15,823人も上回っているという数字が出ています。

この数字は、これからもどんどんどんどん増えていきますし、さらに、その次、非正規労働者の人たちをカットしたあとは、いよいよ正社員も首の対象に入ってきます。

やはり、人件費が1番高くなってくるので、それでも、カットしなきゃいけなくなってくると。なので、大量のリストラが始まります。

余程、幹部候補とかではない限り、2030代だったとしても、容赦なく首を切られるという現象になってくるはずなんですね。なので、その事実をしっかりと分かった上で、首を切られないように、しっかりとやっていく必要があるかと思います。

では、今から何を準備していかなければいけないのかというと、それは、万が一、首にされたとしても、収入が途絶えたとしても、生きていくことができるスキルを身に付けておくことです。

いろんなものがあると思います。今は、副業や投資、そういったものがありますから、そういったものを勉強して、会社からの給料だけに頼らずに稼ぐ力を身に付けていくこと。これが、全ての人がやっていかなければいけないことなんですよ。

これを、自分は関係ないからと、うちの会社は大丈夫だからと、自分はある程度出世しているし大丈夫だと、うちはそういうところじゃないし、自分は首にはならないとかね。

そのように、楽観主義者の人たちは何かあった時、もう時すでに遅しですよね。そういう予測を全くしていなかった時に直面すると、もうどうする事もできないと思うんですね。

そうじゃなくて、今は大丈夫かもしれないけど、もしかすると、今後何が起こるのか分からないと。

だからこそ、今のうちにできる事をやっておこうというリスクヘッジ。先の事をある程度見据えた上で、最悪なシナリオを考えて、今できる事をやっておける人。そういう人は、必ずこれからも生き残っていけると思います。

ぜひ、そういった事を、今のうちから投資や副業を勉強されてみてはいかがでしょうか?

それでは、今日気がついた事を、すぐに実践していきましょう・

またね、何か分からない事があれば、いつでも僕に相談してください。

それでは、最後にチャンネル登録の方をしてください。こちらからチャンネル登録をすることができます。

今日の内容が良かったら、ぜひ、高評価してください。そして、シェアしていただくと、すごく僕としても嬉しいです。

今回の映像ではお届けしていない秘密の情報をお届けするLINE公式アカウントもやっていますので、ぜひ、そちらでも友達になってください。

友達になっていただくと、スペシャル特典をプレゼントしています。この動画の下の概要欄の方から友達追加することができます。

また、何か分からない事があれば、いつでもメッセージしてください。

それでは、また次回もご覧ください。

バイバイ!

⇒LINEで友だちになる

悩みの最近記事

  1. 自分らしく生きる方法〜平凡な人生を歩んでいる方へ

  2. パスワードアイデア〜覚えやすいパスワードの作り方!

  3. 元気が出る言葉〜仕事・ビジネス・うつ病の時に!

  4. 定年退職の年齢は今後70歳に引き上げ!?その時どう生きるべきか?

  5. マスク転売規制の解禁反対!その理由とは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)