会社員を自由人にするための副業&投資情報+αをお届けします!

  1. 副業
  2. 147 view

自分に合った副業の見つけ方〜初心者必見!

↓今すぐ動画を見る↓

 

こんにちは、小山です。

あなたは、何か副業をやってますか?あなたに合った副業とは何でしょうか?

あなたに不向きな副業は、いくら頑張っても、苦痛でしかなく、長続きはしません。仮に、続けられたとしても、おそらく、体か気持ちのどちらかが、あるいは、両方が疲弊してしまって、注意が必要です。

そこで、今回は、「自分に合った副業の見つけ方」という話をしていきます。副業選びは、どのような点に注意すれば良いのかを話していきたいと思いますので、ぜひ、最後までご覧ください。

この副業良いな~、あの副業良いな~、こっちの副業も良いな~という事で、いろんな副業を調べれば調べるほど、いっぱい出てくると思うんですね。

やってみると、分かりますけど、調べすぎると、逆にいろいろありすぎて、どれやって良いのか分からない。こんな状態になってないでしょうか?

結構、最初の頃って、そうなりがちなんですけど、これは、みんな誰もが通る道です。昔、僕にもそんな時期がありました。

この副業の見つけ方について話をしていきますが、いくつかのポイントがあります。

まず、「自分の趣味や関心を生かせる副業を選ぶ事」

副業が続いている人の多くは、自分の趣味や関心がある事を第2の仕事に選んでいます。

収益重視よりも、楽しさ+副収入を両立した稼ぎ方であり、好きな事や趣味の延長でもあります。

例えば、筋トレが好きだから、フィットネスクラブでトレーニング指導をする。子供の頃からゲームが好きだから、中古ゲームの転売をする。パソコンに詳しいから、古いパソコンをカスタマイズして転売をするといった人がいます。

また、本業が好きな人は、本業に似た副業で相乗効果を得たり、逆に、本業の仕事とは全く違う順番に変えて、気分転換するなど、本業との総合的なバランスを考慮する事も必要になってきます。

そして次、「自由時間に従事できる副業を選ぶ」

副業では、時間と体力を消費する事になり、常に副業する事は厳しいように思います。

しかし、自由時間にできる副業なら、本業が忙しい時には、自分の意志で中断できます。そのため、副業が初めての人は、最初は、成果に対して報酬が貰える仕事や、時間の融通のきく短期バイトが合っています。

デメリットとしては、自分の意志に任せる事になるため、やる気がなくなると継続できなくなる事です。また、本業が定時で終わる人は、固定シフトのあるバイトでも構いませんが、その時も、睡眠不足や体力不足で、本業をおろそかにしない事が重要です。

副業は、本業に悪影響を与えない前提で始めていくのが大事になります。

そして次、「ネットやアプリで在宅ワークができる副業を選ぶ」

ネットやアプリを使った在宅ワークは、メッセージのやり取りのみで仕事が完結します。

自宅でリラックスしながら、仕事はストレスも少なく、成果報酬型のために、移動や準備で時間を浪費する事もありません。

成果報酬型では、イラストレーター、プログラマー、ウェブライターが人気を集める一方、ブロガーやアフィリエイトといったノウハウを習得して成果を上げる副業も注目です。

また、フリマアプリや輸入ビジネスなどの転売系では、自分の趣味のある商品を調べるため、副業に展開しやすくて、趣味のように続けられる事も特徴です。

商品が1つに限定されないため、ライバルが少ない市場も狙えます。

そして次が、「しっかりとした収入を目的にする」

理想的なワークスタイルを、本業+副業で実現している人たちがいます。

ただ、現状で借金返済に工面している、日常生活が困難である、目標の資金が不足しているというなら、報酬にこだわる事も間違いではありません。

高単価の職種では、引っ越しスタッフや建築現場の作業員など、体力勝負のバイトが有名です。ただし、体の負担がかなり大きいため、30代以降は避けた方が無難かもしれません。

会社員にとっては、技能を使った、クリエイティブ、専門職、技術職、ビジネス、オフィス系の副業は単価が高いです。

特別な技能を持ち合わせていない場合も、飲食業は夜勤や深夜営業で、アルコールメインのレストランなら、11万円を超えてきます。

接客業も、土日の時給は都市部では、1,300円も一般的です。

そして次が、「知能と技術が向上できる副業を選ぶ」

副業そのものが将来のためであり、今後自分にプラスになるかを重要視する人も多いです。

特に、デザイナーやプログラマーといった、クリエイティブな分野では、本業でも同じ職種、もしくは、似たような職種で副業をしています。

営業や企画を仕事にする人も、他社のプロジェクトに参画するなどして、能力をブラッシュアップしたり、職務履歴や経験値を増やすツールとして副業を活用しています。

その副業を続ける判断材料は、あくまでも、将来性です。そのため、分野によっては、最低賃金で下働きする事も珍しくなく、本業と副業の相乗効果を期待して、ストレスフリーで続けています。

そして最後が、「体への負担の少ない副業を選ぶ」

体への負担が大きくなると、本業での支障をきたすので注意が必要です。特に、肉体労働系のものは、体が一気に疲弊します。

平日勤務の会社員が働きやすい時間帯は、金曜日の退社後か、もしくは、土日です。

例えば、アルバイトなら、交通量の調査員は、あまり動きませんし、試験監督や住宅展示場のスタッフなどは軽作業で体力が消費しにくいです。そういう意味では、クラウドソーシングや在宅ワークが働きやすさではベストとなってきます。

以上です。

今日、気が付いた事を、ぜひ、すぐに実践していってください。そして、また何かわからない事があれば、いつでも僕に相談してください。

それでは、最後にお知らせです。

ぜひ、チャンネル登録をしてください。チャンネル登録をすると、新着のお知らせが届くようになります。

⇒チャンネル登録する

今回の内容がちょっとでも役立ったようであれば、いいねして、そして、シェアしてください。シェアすると、良い情報をシェアしているあなたの株がどんどん上がっていきます。

そして、YouTubeではお話ししていない秘密の情報をお届けするLINE公式もやっていますので、そちらでも友達になってください。友達になっていただくと、スペシャル特典をプレゼントしています。

この動画の下の概要欄から友達追加する事ができます。

また、何か質問があれば、いつでもメッセージを送ってください。返答したいと思います。

それでは、また次回もご覧ください。

バイバイ!

⇒LINEで友だちになる

 

 

 

 

副業の最近記事

  1. 朝と夜、勉強するならどっち?副業する場合、本を読む場合

  2. 副業と投資はどっちがおすすめなのか?

  3. 好きなことを仕事にする方法〜11個のマネタイズ術

  4. 副業でスキルアップという考え方を身につけるべき理由

  5. 自分に合った副業の見つけ方〜初心者必見!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)