会社員を自由人にするための副業&投資情報+αをお届けします!

  1. 副業
  2. 95 view

副業と投資はどっちがおすすめなのか?

↓今すぐ動画を見る↓

こんにちは、小山です。

副業と投資、あなたはどちらかやっていますか?どちらか一方をやっているという方もいれば、どちらもやっていないという方もいると思います。

この副業と投資、これはそれぞれ特徴があって同じようで実は全く違うものです。この特徴をわかっていないとあとで痛い目を見るかもしれません。

そこで今回は副業と投資、どっちがおすすめなのかという話をしていきたいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

この副業と投資に興味を持って、そしてなんかやっていこうかなと考えた時にいろいろと調べると思うんですね。

そうすると今はネットの時代ですから、スマホで調べればいろんな情報が出てきます。

出てくる情報がある程度限られてたらいいんですけど、調べれば調べるほどいろんな情報が出てくるんですよ。

本当に僕が始めた昔であればね、そんなに情報はなかったんですけど。最近で言えばもう情報だらけで「この副業はどうなんだろう」とか「この稼ぎ方は合ってるのかなぁ」とか「本当に稼げるのかなぁ」とか「この投資はちゃんと結果が出るのかなぁ」とか「損しないかなぁ」とかね。

いろんなことを調べれば調べるほど情報がいっぱい入ってきちゃって、その結果情報過多になって何にもできないということが起こったりするんですね。

これは僕も副業や投資をやり始めた時というのはまさにそういう状況にありました。

だから初心者の人であればあるほど、この世の中の副業、そして投資の違いってよく分からないと思うんですよ。

今日はどっちがおすすめなのかというのをお届けするんですが、ざっくりと今日は話します。

副業って言ってもいろんな副業がありますし、投資って言ってもいろんな投資があるんだけど、副業と投資という2つのものにざっくり分けた場合…まずは副業からいこうかな。

副業は、多くの場合は元手なく、元手を一切かけることなくパソコンですね、パソコンやスマートフォンを使ってちょこちょこっと作業をして、やることをいろんなことをやってその対価として報酬を稼いでいく。これが副業です。

なので、パソコンかスマホ1つあればそこから収入を作っていくことができるのがこの副業と言われるものになります。

一方、この投資の方はどうかというとパソコンやスマホはもちろんいるんですけど、ちょこちょこっと作業をするものはもちろんあるんだけど、副業とは根本的に違うものが1個あって。

それが何かっていうと、投資はお金がないと始まらないんですよ。

投資っていうぐらいですから自分の持っている貯金、そのお金を使って投資をしてお金に働いてもらってお金を稼いでいく、お金を増やしていくっていうものですね。これが投資になります。

なので、似ているようで全く違うんですね。

だからお金がまったくない人はそもそも投資を始めることはできないです。

できないって言っても正確には少額からもできるので。例えば数百円とか数千円とかね、そういう小さな金額から投資って今始めることができますから正確にはできるんだけど、あんまり面白味はないですよね。

数百円投資しましたっていっても、それだとなんか貯金してるのとあんまり変わらない。下手したら高校生とかね、中学生のうちの息子とかの方がまともに貯金してるなっていうぐらいの投資の仕方だと面白くはないので。

やっぱり投資するんだったらある程度のまとまったお金ができてからの方が面白いとは思います。ただ、小額からは始めることができるよっていう感じですね。

なので、流れとしては副業に関して言うとやっぱりどうしても作業が伴います。

0から1を行っていくもの。パソコンやスマホを使って何かの作業に対してその作業をこなしてその対価として報酬を得る、こういうような形が多いですから時間を使ってお金を稼ぐのが副業。

一方投資の方は、お金を使ってお金を稼ぐので時間を使うっていう感じはあんまりないんですよ。

持っているお金をどこかの何かしらの案件とか投資…株とかFXとか不動産とかいろいろありますけどそういったものに対してお金を投げて、そしてそこから利益が生み出されるというのを狙っていくっていう感じですね。

で、今のはプラス、メリットの話しかしませんでしたけど、もう1個デメリットの要素を考えてみると副業と投資って全く違って。

デメリットは何かっていうと、副業の場合はパソコンを使ってお金を稼ごうとするから時間を使うんですよ。で、その時間を使うんだけどその時間に見合った収入を得られないことが結構あります。

どういうことかっていうと、例えば普通に会社員として職場で働いていれば最低でも日給いくらだとか時給で働いている人だったら時給いくら、月給制の給料なら月給いくらっていうように働けば必ずお金になるのがサラリーマンとかね、そういうものですけど。この副業に関して言うと働いたからといって、時間をかけたからといって、お金が確実に入るかっていうとそんなこともないんですよ。

むしろ最初の頃ってどちらかというと「え?こんなんだったらなんかその辺のコンビニでバイトしてた方がよっぽど収入になりますけど」っていうぐらい収入がまったく稼げなかったりします。

はじめはやっぱり慣れてないんでなかなか効率が悪かったりね、または自分に向いてないことをやっちゃうとなおさら稼げないから。ちぐはぐになっちゃってね、稼げない。そういうことが起こり得るわけですね。

時間の無駄、時間のロス。これが副業の方は起こり得ます。これデメリットですね。

一方投資の方のデメリットを考えてみると、投資っていうのはリターンがある半面必ずリスクがあるものなので、このリスクの方に当たってしまった時ですね。いわゆる投じたお金がマイナスになってしまう可能性が投資には必ずあります。

そのため、投資をやる理由は「お金を増やしたい」とか「資産運用をしたい」「少しでも老後のためにお金を増やしたい」とか「貯蓄したい」という目的で始めたにもかかわらず、そのデメリットのリスクの方に直面してしまって資産が減ってしまったということが実際起こり得ます。

そうするとね、へこみますよ。これは初めてであれば初めてであるほどかなりへこむと思います。もう折角今まで貯金してきた貯金がね、3分の1ぐらい減ってみてくださいよ。

例えば100万円貯金を持っていました。これが66万円ぐらいになっちゃったと。33万円どっかに行っちゃったと。これはもう減ったと。本当にショックじゃないですか。こんなことだったら投資やらなきゃよかったと思って多くの方はね、そこでやめていってしまったりだとかいろいろ起こるんですけど。

だからそういうことが投資には起こり得ます。

それはね、投資には必ずリターンとリスクがあるものなのでこれは仕方がないところですよね。

これリターンしかない投資だとそれは投資とは言えないので、必ずリスクとリターンがある。投資には100パーセントはないというところですね。

ただ、それでもよりギャンブル性のある投資もあればそうじゃなくてね、その中でもかなり手堅いって言われるものもあったりするのでその辺はしっかりとどういうものが投資の中にはあるのかっていうのも勉強していくといいと思うんですね。

ですので、最後まとめますとこの副業とね、投資のメリットは

副業はパソコン1つあれば0から1で自分の時間に対してそれをお金に換えていくことができると。

投資のメリットは自分の持っているお金を働かせてそのお金を増やしていくことができる。

投資に関してはそんなに時間は使わない。その代わりお金は使う。副業はお金は使わないけど時間を使う。

で、どちらにもデメリットがあってデメリットは

副業の方は時間を使うんだけどそれに見合ったお金が得られない可能性がある。時間の無駄になる可能性がある。

投資に関して言うとリスクがあるからそのリスクで投じたお金がね、資産が減ってしまう可能性があるというものになります。

これらをわかったうえで、まずあなたはどちらかがやっていくべきなのか。どちらか一方から始めてみてもいいですし、両方同時にスタートしてみてもいいと思うんですね。

この副業なのか投資なのか、あなたはどっちでしたでしょうか?

それではね、今日気が付いたことをすぐに実践していきましょう。また何かわからないことがあればいつでも僕に相談してください。

それでは最後にチャンネル登録をしてください。チャンネル登録はね、ここからぽちっとすることができます。

⇒チャンネル登録する

そして今日の内容ね、ちょっとでも役立ちましたらぜひ高評価をお願いします。でね、シェアしていただくとすごくうれしいです。

そしてこの映像ではお届けしていない秘密の情報をお届けするLINE公式アカウントもやっていますので、ぜひそちらも友達になってください。

友達になっていただくとね、スペシャル特典をプレゼントしています。この動画の下の概要欄の方から友達になってください。

また何か質問があればラインにメッセージしてください。それではまた次回もご覧ください。

バイバイ!

⇒LINEで友だちになる

 

 

 

 

副業の最近記事

  1. 副業と投資はどっちがおすすめなのか?

  2. 好きなことを仕事にする方法〜11個のマネタイズ術

  3. 副業でスキルアップという考え方を身につけるべき理由

  4. 自分に合った副業の見つけ方〜初心者必見!

  5. 副業時間ない方へ!副業時間の作り方〜年77万円は誰でも稼げる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)