会社員を自由人にするための副業&投資情報+αをお届けします!

  1. お金
  2. 92 view

40代平均年収はいくら?男性と女性を徹底比較

↓今すぐ動画を見る↓

 

小山大輔です。

40代働き盛りのあなたは、こんな悩みを持っていませんか?

家族を養い、高い家賃の支払い。住宅ローンに、車のローン、クレジットカードの返済、毎月の少ないお小遣い、働けど働けど全然生活が楽にならないけど、40代男性の平均年収って、いったいいくらよ?

このような事を思っているなら、今日は、そんなあなたのために、「40代平均年収はいくら?男性と女性を徹底比較」というテーマで話をしていきたいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

40代の平均年収、気になりますよね。これ、ずばり言います。40歳というピンポイントでの平均年収のデータはなかったんですが。

2018年の国税庁の調査によると、40代前半の平均年収は468万円、40代後半では496万円。これは、ボーナスや残業代などの手当てを含む金額になります。

男女で比較すると、40代前半は、男性が569万円、女性が308万円です。40代後半は、男性が630万円、女性が310万円です。

いずれの年代でも、男女では300万円近い差があるんですね。

また、男性は、40代前半から後半で、61万円年収がアップするのに対して、女性は、2万円しか伸びていない事が分かります。

ただし、このデータは、あくまでも「全雇用形態」「全学歴」「全企業規模」を全て含んだ平均値になります。

そのため、大卒で長年同じ会社に勤めているといった人にとっては、低いなと感じられる数字かもしれません。

平均年収の推移ですが、リーマンショックでどうだったのか?やっぱりここが大きかったんですね。

この10年の平均年収の推移を見てみると、リーマンショックのあった2008年が、40代前半で494万円あったのに対して、翌2009年には、464万円と30万円近く年収が落ちているんですね。

その後は、上下を繰り返しならが、徐々に回復しているものの、未だにリーマンショック前の水準には戻ってません。

さらに、現在は、コロナショックというものが起こってますので、今後、同じように平均年収は下がっていく傾向にあると思います。

リーマンショック後と比較して、40代前半と後半の年収の格差も、思いっきり広がってきています。

40歳以降は、年収が上がりにくくなるという事が分かっています。

年代別の平均年収のデータを見てみると、30代後半~40代前半は6.24%の上昇に対して、40代前半~後半にかけては、7.39%平均年収がアップしています。

これを、20代で見てみると、20代の前半~後半にかけては、36.05%も平均年収が伸びてるんですけど、年齢が上がるにつれて徐々にアップ率というのは低下していきます。

もちろん、企業によっては、管理職が増える40代で年収アップする場合もありますが、これは、高齢になるほど転職で年収アップを狙う場合は難しくなる可能性が高いと言えます。

また、20代で初任給を貰っていた頃は、企業間の年収差は少なかったものの、年収が上がるにつれて、人によって年収のばらつきが大きくなる事も分かってきています。アップ率の低さに貢献していると考えられます。

今度は、学歴別で見てみると、高学歴が、「年収」「アップ率」共に高いです。

厚生労働省のデータを見てみると、「大学・大学院卒」「高卒」とでは、男女共に200万円近い差があります。すごく大きいですよね。

学歴が高い程、年収が高いというのは、40歳代でも同じ傾向にあります。

また、40代前半~後半にかけては、年収の伸び率を見ると、男性の場合では、中卒だと37万円、高卒だと35万円なのに対して、高専・短大卒だと62万円、大学や大学院卒だと98万円になってます。

このことから、学歴が低い人程、若いうちに年収が頭打ちしてしまうと考えられます。

女性も同様に、中卒だと3万円、高卒だと18万円、高専や短大卒では28万円、そして、大学・大学院卒では42万円もアップしてます。

ただし、男性と比べてみると、年収の増加率は、やはり、低めです。

これは、管理職における、女性の比率が、まだまだ低い事が影響していると考えられてます。

ちなみに、2017年度の厚生労働省の調査によると、民間企業において、女性が役員になっている割合は20.7%、係長クラスは15.2%、課長クラスは9.3%、部長級は6.6%と依然と低い割合になってます。

企業規模別を見てみましょう。

やはり、大企業ほど高年収であるという傾向にあります。

企業別に40代の平均年収を見ると、1,000人以上働く大企業では、40代前半で男性が773万円、女性が478万円と高水準である事が分かります。

一方、100人未満の小企業では、40代前半の男性が483万円、女性が346万円と、それぞれが大企業と比べると7割程度の金額となってます。

また、年代が上がるにつれて、大企業と中小企業の年収格差が広がっていく事も特徴です。

管理職になり、昇給する人が増えている40代では、大企業と中小企業の年収格差も大きくなるのだと考えられます。

以上の事で、40代の平均年収が分かったかと思います。

そうなってきたら、今後どうするかですね。

このようなデータが分かった上で、あなたが何をしていくのか?

もっと高い年収を求めていきたい、もっと収入を増やしていきたいと思った場合は、考えられる道としては3つあります。

1つは、「転職」です。

今働いている職場よりも、良い給料をくれる会社に転職できないかという発想ですね。これを一度考えてみる。その可能性が開けそうなのであれば、その道にチャレンジしてみるというのも良いと思います。

ただ、40代からの転職は、失敗してしまうと、今貰ってる会社の給料よりも収入が下がるという事もあり得るので、そういうリスクがあるという事は、しっかりと分かっておいてください。

2つ目。これは、「副業をする」という事です。

今の仕事は、そのままやり続けて、プラスαサイドの仕事として、もう1本収入を作るということですね。

今はいろんな副業がありますから、そういった自分に合った副業は何があるかなというので、いろいろ探してみるのが良いと思います。

実際、僕も副業に関しては、いろんな事を教えていってますが、その中から、あなたに合ったものを見つけてチャレンジしてみるというのが良いと思うんですね。

副業は、いろんな種類があるので、人によって向き不向きというのがあったりするので、これは、性格によります。性格とあなたの現状ですね。

人にはどういう生活習慣で、日々過ごしているのかとか、全然休みがない人もいれば、週休2日制の人もいるし、そういった点で違うわけですよね。その中で合う合わないがあるので、それを見極めていく作業が必要になっていきます。

なので、副業をするという道です。

そして、3つ目。これが、「起業をする」です。思い切って起業しちゃう。

起業するとなると、何かしらのビジネスですよね。それで、起業する。何かの商売をするという事ですね。いろいろあります。

フランチャイズ権を買って、フランチャイズビジネスをするだとか、何かの代理店ビジネスをするだとか、もしくは、あなたがすでに売る物があるのであれば、その売る商品を売れば、それがビジネスになりますからね。

このように、一気に起業していくという事も考えられます。

ただ、この起業に関して言うと、転職する・副業する・起業するの中では、圧倒的にハードルが上がりますので、余程、絶対に起業して、一旗揚げてやるぞという方以外は、いきなり起業するという選択肢は、ちょっとどうかなと思うんですね。

そのステップに行くのであれば、まずは、オススメなのは、まず一番最初に副業を取り入れていただいて、副業にチャレンジする。収入を小さくても良いので、少し収入を作ってもらって。

そして、123本と副収入の柱を作っていって、これはいけるぞという自信と体制ができたところで、起業に踏み切るというステップの方が安全だと思うんですね。

僕は、このやり方の方がオススメします。

一発で、一撃最初から起業でいくぞというのも、アリだとは思います。

以上です。

ぜひ、今日気がついた事を、すぐに実践してみてください。

また、何か分からない事があれば、いつでも僕に相談してください。

それでは、最後に3つお知らせです。

ぜひ、チャンネル登録をしてください。チャンネル登録ここからできます。チャンネル登録をしていただくと、新着のお知らせが届くようになります。

そして、2つ目。ぜひ、今回の動画が役立ったよという場合は、いいね、そして、シェアしてもらえると、僕としてもすごく嬉しいです。ぜひ、よろしくお願いします。

3つ目。YouTubeではお話していない秘密の情報をお届けするLINE公式アカウンをやってます。ぜひ、そちらでも友達として繋がってください。友達になっていただくと、秘密の特典をプレゼントしてまーす。

登録は、この動画の下の概要欄の方から友達に簡単になることができます。

また、何か分からないなとか、相談したい事があれば、気軽に登録してもらって、メッセージください。そのメッセージもらえれば、僕必ず見てますので、必ず返答したいと思ってます。気軽に送ってもらえればと思います。

それでは、また次回もご覧ください。

バイバイ!

⇒LINEで友だちになる

お金の最近記事

  1. お金を増やす方法〜初心者でも確実に出来る!

  2. マズローの欲求階層説(欲求5段階説)とは?

  3. 儲かる業種〜資産5億円以上になりやすい業界

  4. なぜ年収300万円父さんはリッチなのか?

  5. 40代平均貯金額はいくら?貯金を増やす方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)